「未来は音楽が連れてくる」佐々木俊尚氏 × 榎本幹朗氏 特別対談【後編】

佐々木俊尚 × 榎本幹朗 対談【後編】

佐々木俊尚_榎本幹朗_後編_main

<前の記事> 佐々木俊尚 × 榎本幹朗 対談【前編】

1.

ミュージックグラフについて

佐々木:榎本さんが仰る「ミュージックグラフ」においては、どういう風につながっていくのでしょうか?

榎本:ミュージックグラフという言葉が英語圏の記事に出てきたのは2年ほど前ぐらいですが、定義が曖昧でした。曲と曲のつながりをビッグデータが構築する。人と曲をレコメンデーションがつなぐ。そして音楽をきっかけに人と人がまた繋がっていく。これが僕の定義したミュージックグラフの世界です。まずLast.fmが2003年にこれを実現しました。

「ミュージックグラフ」榎本幹朗版
榎本氏の話す「ミュージックグラフ」(クリックで拡大)
例えばLast.fmだと、友達が好きな曲が再生されるフレンドラジオがあります。Spotifyも友達になった人が聴いている曲を聴ける機能があります。これらは言葉とは違うコミュニケーションなんですね。

またLast.fmなどでは、音楽趣味が共通したユーザーが友だち候補としてリストされます。そこから新しい人間関係ができ、それがまた新しい音楽の発見に繋がっていきます。

もうひとつはエンタメ全般に言えることなのですが、以前までは自分を楽しませるために、CDにしろ何にしろ購入していましたね。ですが、ソーシャルメディアによって「シェア」の文化が定着し、「人が喜んでくれたときに自分も楽しい」という枠組みがビジネス・レベルでもはっきりとしてきたんです。誰かを喜ばせるためにお金を払うということで、課金の仕組みが少しずつ変わってきている。例えばLINEのスタンプは自分自身の為というよりも相手が笑ってくれたら嬉しいという部分がある。本質的なところでビジネスモデルが変化してきていると思うんです。

佐々木:いわゆるアイテム課金なんですけど、自分が貯めて楽しむのではなく、人に伝えて初めて価値があるという意味でスタンプは面白いですよね。

榎本:かつ人が喜んでくれてですよね。パーソナルからソーシャルへ、という流れに合わせて音楽の課金モデルはもっと変わっていくと予測しています。

佐々木:非言語コミュニケーションは重要なテーマで。LINEの話が出たので少しつけ加えると、スタンプが面白いのは単なる感情表現じゃないところ。怒っているスタンプの絵を知らない人に送ったらケンカになりますけど、恋人同士で同じスタンプを送ったら「怒っている」表層のイメージとはまた別の「もう、そんなこと言うと怒っちゃうよ」みたいな親密なメッセージがちゃんと伝えられる。

つまり、まず人間関係が前提にあってその人間関係に基づいた相互了解のコンテクストにおけるイメージ交換が行われている訳ですよね。実は非言語コミュニケーションでも、単に「良かった」、「怒った」、「いいね」だけじゃなく、もっと複雑なことも伝えられる。しかも、それは言語コミュニケーションよりも簡単で、誰でもできるボディランゲージや顔の表情と同じようなものであると。こういう事が音楽と結びつくと面白くなりそうです。

榎本:今までは「これからはソーシャル」で終わっていましたが、もっと本質的になってきました。ソーシャルの前提として、パーソナルの価値が再定義されるようになってきたんです。誰かに感動をシェアする前に、まず自分が感動を発見する段階があります。この段階でPandoraのようなパーソナライズド・サービスが効果を発揮しだしています。

まず徹底的にパーソナルな段階があります。徹底的にひとりひとりの趣味を捉えて曲と人のマッチングを起こし、感動を生む。伝えたい感動からシェアが起こり、この結果、レーベルの求めるレゾナンスが起こるんですね。これが次の時代のプロモーション理論のひとつです。

ミュージックグラフにもミッシングリンクの課題が生まれつつあります。ミュージックグラフは今、Pandora、Spotifyでほぼ実現されつつあります。ですが、まだミュージックグラフは、ソーシャルグラフの中にすっぽりとは収まりきっていない状況なんです。

音楽というのは、誰もが好きで、かつ誰もがこだわりを持っている。ソーシャルブラフを分割するインタレストグラフの中でも、音楽は特殊なポジションにあります。つまり、音楽はソーシャルグラフを活性化するスイッチングハブのような役割を担うことができるはずなんですね。これはザッカーバーグの見立てとも一致していると思います。

ミュージックグラフがきっちりソーシャルグラフに収まって、そういう役割を果たすようになれば、もう一度音楽はコンテンツの王様に戻ることができるでしょう。そこを目指してビジネスを一緒につくりませんか?というのが連載の結論のひとつになります。

佐々木:音楽の復興と。

榎本:ミュージックグラフにおいて音楽でいうセレンディピティは2種類あって、ひとつはPandoraのようなレコメンデーションエンジン経由のもので、それは類似性や共時性が基本となります。

もうひとつの方は、今まで自分が好きじゃないと思っていたジャンル/音楽と新しく出会うというもので、これに親和性が高いのがソーシャルなんですね。

ミュージックグラフがしっかりとソーシャルグラフの中で有機的に根を張っていくと、音楽の感動がいっそう拡散する構図が創れるようになります。

佐々木:例えばこの人が紹介する本は面白いというブロガーがいたとして、普通なら僕が決して読まない少女漫画を彼がオススメしていたので、買って読んでみたら面白かったということと同じですよね。

それは、結局ある種の協調フィルタリングなんですよね。Amazonのレコメンドというのは書籍やDVD、CDという属性は無視して、単に好みの近い人だけを結びつけているわけですから。セレンディピティというのは、人と人をつなげることによって生まれるのか、もしくは楽曲そのものの属性でみるのか。属性をみる方がどちらかというとアルゴリズム的であり、人と人のつながりをみる方がソーシャル的ですけど、アプローチの方法においては相互入れ替え可能な部分もあるだろうと。




特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第69回 有望市場でなくなったライブと音楽配信。 天才ディズニーの事例が示す「次の大物」へのヒント〜スティーブ・ジョブズ(21) <7/19 更新!>

【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン【後半】インターネットの恩恵を受けたアーテ…

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は 過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は
イベントに関する演出機材やグッズ、各種サービスが一堂に集まる日本最大級の見本市「第4回 ライブ・エン…

1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」 1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」
楽天が2016年8月に提供を開始した定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」。サービス開…

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース 「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース
誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーテ…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像