家入レオ、2019年初ステージの新曲発売記念フリーイベントで「この世界で」をライブ初披露

2019年1月31日 10:54
家入レオ


「コードギアス」シリーズの完全新作劇場版として2月9日に全国公開する映画『コードギアス 復活のルルーシュ』のオープニング主題歌として話題の新曲「この世界で」を1月30日にリリースした家入レオが、その発売を記念してスペシャルフリーイベントを東京・池袋サンシャインシティ アルパB1噴水広場にて開催し、集まった約1,500人を魅了した。

イベントスタート前から多くのファンで賑わいを見せる中、18時30分をまわるとステージに家入が登場。「皆さんこんばんは!家入レオです!今日は池袋サンシャインシティで18歳ぶりの、シングル”Message”以来のフリーイベントとなります!!平日にもかかわらずこんなにたくさんの人に集まって頂いて嬉しいです。ありがとうございます!まずは私の新曲を、皆さんに聞いてもらおうと思います!」と話し、本日リリースとなった「この世界で」を披露し、会場からは大きな拍手が沸き起こった。
 

家入レオ


「この曲は2月9日公開の映画『コードギアス 復活のルルーシュ』のオープニング主題歌です。作ってくれたのは尾崎雄貴さんで、前作アルバム『TIME』でも楽曲提供いただいたのですが、リリース有る無しにかかわらず言葉とかメロディを頂いていて、映画の話を頂いたときに尾崎さんに思いを伝えて『この世界で』ができました。」「曲を提供してもらうこともあるし、自分で作詞作曲をすることもある。私が心から歌いたい曲を歌っていきたいし、歌うことが私のアイデンティティです。これからもいい音楽をみなさんに届けていきたいと思います。」と楽曲への思いを語った。

その後は、「『この世界で』が割と聞き入る感じの曲なので、次は盛り上がる曲を持ってきたんですよ!盛り上がる準備できてますか?」と集まった観客を煽ると、「サブリナ」を披露。曲中も会場からは大きな歓声があがり、大盛況にてイベントは終了した。

なお、この日の生歌唱は家入にとって2019年最初のステージであり、さらに新曲「この世界で」はライブ初披露となった。同イベントは、今週末2月2日には神戸ハーバーランド スペースシアターにて13時~と16時~の2回、翌3日はエアポートウォーク名古屋にて13時~と16時~の2回、開催される。

そして、2月1日「バズリズム02」、2月2日「MUSIC FAIR」とTV出演も続く。また家入は、来月2月15日には早くもデビュー7周年を迎え、2月24日には初となる大阪・大阪城ホール単独公演“家入レオ 7th Anniversary Live at 大阪城ホール ~Premium Symphonic Night”を、さらに5月10日からは20公演におよぶ全国ツアー“家入レオ 7th Live Tour 2018”の開催が決定している。

撮影:YUSUKE TAKAMURA