けやき坂46が3/27デビューシングル発売決定、グループ名は日向坂46に

2019年2月12日 12:55
けやき坂46「ひらがなからのおしらせ」2月11日

けやき坂46が、2月11日にメンバーの柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒が動画配信アプリ「SHOWROOM」にて、「ひらがなからのおしらせ」として、今後の活動における重要な発表が行われた。

まずはメンバーの柿崎芽実から1つめ「3月27日に単独シングルデビュー決定」が発表された。

メンバーが喜ぶ中、続いて2つめを加藤史帆から「デビューシングルのタイアップ決定」が発表。欅坂46もデビュー曲「サイレントマジョリティー」で起用されたファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ」のCMソングに決定。

2018年秋にけやき坂46の楽曲「JOYFUL LOVE」が大抜擢され、このデビューシングルの表題曲でも起用されることが決まった。欅坂46のデビュータイミングを彷彿とさせるスタートを切ることになる。

そして齊藤京子から3つめ、「デビューカウントダウンライブ開催決定」が発表される。3月5日、3月6日の2DAYS。場所は単独公演としては初めての神奈川・横浜アリーナでグループ史上最大級の会場となる。

4つめは佐々木美玲からグループとして「単独のオフィシャルサイト」のオープンが告げられた。オフィシャルサイトと合わせて12日正午よりファンクラブもオープンになる。

5つめは小坂菜緒から、オフィシャルサイト、ファンクラブオープンに伴い、「デビューカウントダウンライブのチケット先行予約決定!!」が発表された。

盛り沢山の発表が行われたあと、そろそろSHOWROOMも終盤へ。そんな中スタッフより1通の手紙がメンバーに手渡されると、メンバーも知らされていなかった6つめの発表が記されており、メンバーが「何?何?怖い!!」と息を飲んで見守る中、準備されたサプライズ動画でグループ名の改名が発表された。

けやき坂46は日向坂46(ひなたざかふぉーてぃーしっくす)に生まれ変わることとなり、会場のメンバーからはあまりの驚きに悲鳴が上がったが、メンバーの齊藤京子は、「(日向坂46という名前が)めっちゃ良い!!めっちゃ良い!!」と喜びを爆発させた。

さらに、その後の囲み取材で日向坂46としての意気込みを聞かれると、キャプテンの佐々木久美は、「日向坂46と言う名前を聞いた時は暖かいイメージを感じました。すごく可愛い名前だし、グループカラーも空色で、空まで高く跳べるようにと言う意味も込められているそうで、考えて下さった方への感謝を持ちながら、その名前にふさわしいグループになれるように頑張りたいです。」と喜びとこれからの意気込みを口にした。

日向坂46はシングルデビューに向け、またその先の新たな坂道を上り始める。