乃木坂46、メジャーデビュー日を記念した「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」が開幕

2019年2月22日 11:30
乃木坂46「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」

乃木坂46のメジャーデビュー日(2012年2月22日)を記念した「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」が、大阪・京セラドーム大阪にて開幕した。

当公演は各日5万人を動員し、2月21日~2月24日まで開催され、最終日にはグループを2018年いっぱいで卒業した西野七瀬の卒業コンサートが開催される。

2018年の「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」では、明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時併催という前代未聞のライブを開催したが、今回の「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」では、約7年間でリリースした全177曲を4日間で全て披露する事がコンセプト。

オープニングでは、乃木坂46一期生の最終オーディションの映像が流れ、合格発表のコールと同時にメンバーがステージに登場。一期生のみのパフォーマンスでデビューシングル「ぐるぐるカーテン」で幕を開けた。その後はリリースしてきたシングル毎にパフォーマンス。2ndシングル「おいでシャンプー」に収録された生駒里奈ソロ曲「水玉模様」では、2018年にグループに加入したばかりの四期生11名が熱唱し、乃木坂46の新世代を垣間見れた瞬間でもあった。

またライブ中盤では、西野七瀬が何とサプライズ登場。2ndアルバム「それぞれの椅子」に収録された西野七瀬ソロ曲「光合成希望」を披露し、ファン誰もが最終日の卒業コンサートのみの参加と予測していたのか、会場全体が最高潮にヒートアップした。

当時の映像を振り返りながらの演出で、初日は乃木坂46初期の頃が中心となり、今でこそアイドルグループの頂点に立った乃木坂46ではあるが、決して順風満帆にここまで来れた訳ではなく、苦労に苦労を重ね今がある乃木坂46の歴史が伺え、映像を観るだけでも涙腺が緩む瞬間が何度もあった。初日公演は1stシングル「ぐるぐるカーテン」から7thシングル「バレッタ」に収録された楽曲とアルバム収録曲やその他のシングルC/W曲が数曲披露されたが、今後もシングルのリリース毎にセットリストが組まれるのであれば、明日2日目は乃木坂46中期の頃がメインとなるであろう。

西野七瀬が初のセンターを務めた8thシングル「気づいたら片想い」、そして生田絵梨花が初のセンターを務めた10thシングル「何度目の青空か?」など、たくさんのドラマが中期には存在している。本当に最終日まで目が離せない「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」となった。

DAY1セットリスト
M1:ぐるぐるカーテン
M2:左胸の勇気
M3:白い雲にのって
M4:失いたくないから
M5:乃木坂の詩
M6:おいでシャンプー
M7:ハウス!
M8:心の薬
M9:水玉模様
M10:狼に口笛を
M11:偶然を言い訳にして
M12:走れ!Bicycle
M13:人はなぜ走るのか?
M14:音が出ないギター
M15:涙がまだ悲しみだった頃
M16:海流の島よ
M17:制服のマネキン
M18:指望遠鏡
M19:ここじゃないどこか
M20:渋谷ブルース
M21:光合成希望
M22:君の名は希望
M23:サイコキネシスの可能性
M24:ロマンティックいか焼き
M25:シャキイズム
M26:13日の金曜日
M27:でこぴん
M28:ガールズルール
M29:人間という楽器
M30:扇風機
M31:世界で一番 孤独なLover
M32:コウモリよ
M33:バレッタ
M34:月の大きさ
M35:初恋の人を今でも
M36:私のために誰かのために
M37:そんなバカな・・・
M38:ダンケシェーン
M39:孤独兄弟
M40:僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M41:その先の出口
M42:ここにいる理由
本編終了
EN1:シンクロニシティ
EN2:裸足でSummer
EN3:乃木坂の詩