工藤静香、初の洋楽カヴァーアルバム「Deep Breath」6/12発売

2019年4月15日 12:44
工藤静香「Deep Breath」


工藤静香が、本人の誕生日となる4月14日に初の洋楽カヴァーアルバムのリリースを発表した。

タイトルは「Deep Breath」(ディープ・ブレス)、その名の通り「深呼吸」で、「リラックス」や「リセット」をテーマにしたコンセプト・カヴァーアルバムである。

スタンダードなジャズの名曲から、最新の大ヒット曲「ED SHEERAN / SHAPE OF YOU」まで、「幅広い年齢層の方々が一緒に聴いても楽しんでいただけるような楽曲を選びました。」という、工藤静香本人のセレクションによる10曲が収録されている。

工藤静香によるカヴァーアルバムは、2008年8月20日に発売した中島みゆきの数々の名曲をカヴァーしたアルバム「MY PRECIOUS -Shizuka sings songs of Miyuki-」以来、通算3作目となり、洋楽カヴァーは今作が初となる。

さらに、通常の10曲入りのCDに加え、ポニーキャニオンショッピングクラブ限定にてスペシャルフォトブックとオリジナルエプロンがセットになった豪華ボックスも予約販売される。

また、6月12日のCD発売翌日の6月13日からは「工藤静香Acoustic Live Tour 2019 POP IN 私とピアノ〜Deep Breath〜」と題して、全国11ヶ所のツアーを予定している。

昨年に初めて行ったピアノアレンジライブ「工藤静香Acoustic Live Tour 2018 POP IN 私とピアノ」が好評を博し、今年も今作を含めて、大ヒットナンバーまでピアノアレンジにて披露する予定とのこと。

工藤静香 コメント
日々の生活の中で、やらなければならない事が沢山あり、深く息をする事を忘れてしまっている方が多いと思います。
例えばコーヒーを一杯飲む間だけでも、このアルバムをかけて一曲だけでもいいので深く息をしながら聴いてほしい。
そしてリセットができるアルバムを作りたいと思ったのが今作のリリースのきっかけです。

全曲洋楽カヴァーにしたのは、何も考えずにリラックスをしたい時に、言葉がダイレクトに入ってくる日本語ではなく、英語の方がふわっと、心地よく入ってくると思ったからです。
一曲だけでもいいので深く息をしながら聴いて、リセットしていただけたら嬉しいです。

そして、家事をする時、キッチンに立つ時、車に乗る時、様々なシチュエーションでこのアルバムを聴きながらプチリラックスをしていただきたいです。

特にスローな歌を聴いて
”鼻から吸って口から出す”
基本的なことですが、深く呼吸をする事を私もこのアルバムを聴いて心掛けています。

若い世代から高年齢、幅広い年齢層の方々にこのアルバムを聴いていただいて一息ついて欲しいという願いでタイトルを「Deep Breath」にしました。私自身も先ず座って一曲深く息をしながら聴いて、それから大急ぎでお料理をしています笑

皆さまもこのアルバムを聴いて、リラックスの時間を見つけて下さい。