竹内まりや初のライブドキュメンタリー映画、2012年公開の山下達郎シアター・ライヴと同時アンコール上映決定

2019年4月22日 10:58
『souvenir the movie〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜』

竹内まりやの40周年を記念して、昨年11月に上映されたライブドキュメンタリー映画『souvenir the movie〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜』が、多くのファンからの要望に応える形で、5月17日からアンコール上映が決定した。

さらにそれだけに留まらず、2012年に公開され、話題を呼んだ『山下達郎シアター・ライヴ PERFORMANCE 1984-2012』の同時アンコール上映が決定した。

竹内まりや初のライブドキュメンタリー映画は、これまでライブ音源で知るしかなかった18年ぶりの伝説のライブ「souvenir」、さらには2010年の「souvenir again」、2014年、33年ぶりの全国ツアーとして大きな話題となった「souvenir2014」という、いずれもチケット入手が極めて困難であったライブの映像からベストシーンを集め、初映画化。

このライブドキュメンタリー映画『souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜』はメディアにほとんど登場しない竹内まりやの貴重なライブ映像+αを堪能できる内容が話題となり、大ヒット。

さらにその内容等が評価され、平成30年度(第69回)芸術選奨 文部科学大臣賞(大衆芸能部門)を受賞するなど、世間を賑わせた。
 

『山下達郎シアター・ライヴ PERFORMANCE 1984-2012』


同時アンコール上映となる、山下達郎シアター・ライヴは2012年8月25日より全国11劇場にて公開され、各劇場、7〜9日間という短い上映期間でありながら、興収1億1千万という大ヒットを記録。

その後、全国19劇場にて、1週間のみのアンコール上映を実施、最終的に動員61,675人、興収1億5千万という記録的な大ヒットとなり、ファンの中で再上映が望まれていた伝説的な作品だ。

共に2週間の限定公開となる。

さらに、近日放送予定となっているテレビ朝日系列の音楽バラエティ番組「関ジャム 完全燃SHOW」にて竹内まりやの特集が決定した。竹内まりや自身が番組からの質問に答えるなど、興味深い内容となっている。