ソニー・ミュージックコミュニケーションズ、展示会イベント「Sync.」フォトレポート

2013年8月6日 0:30

ソニー・ミュージックコミュニケーションズ

8月1日、2日にソニーミュージックグループのソニー・ミュージックコミュニケーションズ(SMC)が、東京・AKIBA SQUAREにてカンパニー・プレゼンテーションイベント「Sync.」を開催した。

6年ぶりの開催となった同イベント、全方位的に事業を展開するSMCの展示を見るべく両日とも多くの関係者が詰めかけた。

このイベント自体も、企画はもちろん会場の展示制作まで全てをSMCが単独で手がけており、AからGのゾーンに分かれた会場では、次世代ペンライト「フリフラ」やインタラクティブサイネージシステム「MITENE」を使った参加型のスペースも設けられていた。また、話題の「3Dプリント・フィギュア」や顔認識技術を搭載した配信型デジタルジュークボックス「JUQUest」等にも多くの人だかりができていた。

Sync1

Sync2

Aゾーン「エンタメビジネスの最初から最後まで」。天井から吊されているのは「フリフラ」。


Sync3

Sync4

Sync5

Dゾーンのインスタレーション・スペース。


Sync6

Eゾーンでは様々な業界とのビジネス・サポート事例をカラー・グラフと共に展示。


Sync7

イベントのアンケートはネームタグをタッチすることで反映される。


Sync8

Fゾーンの「3Dプリント・フィギュア」。
http://prigure.com/


Sync9

各サイズ。


Sync10

SSサイズ(S、M、Lの複製のみ)。


Sync11

Sサイズ、49,000円。


Sync12

Mサイズ、69,000円。


Sync13

Lサイズ、120,000円。


Sync14

Fゾーン、インタラクティブ・デジタルサイネージ「MITENE」。
http://www.ar-mitene.jp/


Sync15

Gゾーンでは各種インフラを紹介。


Sync16

4Kテレビのデモ。


Sync17

社員みんなのひと言を集めたバルーン・アート。


Sync18


音楽ジャケットのデザイン・製版・印刷からスタートしたSMC。その後、音楽はもちろんアニメ・ゲーム・映画等のパッケージ制作、アーティストグッズ制作、広告・販売促進ツール制作・ウェブサイトの企画制作、イベントや店舗などの空間プロデュース、ネットワークソリューションなどなど本当に幅広くビジネスを展開しており、正直「こんなことまで手がけているんだ!」と感心することしきりの展示イベントであった。(取材:Jiro Honda)
 


■Sony Music Communications Presentation 2013 Sync.http://www.smci.jp/sync/
■ソニー・ミュージックコミュニケーションズhttp://www.smci.jp/
ソニー・ミュージックエンタテインメント:http://www.sme.co.jp/