エイベックス、日本初の常設ホログラムシアター兼ライヴスペースを北九州にオープン

「あるある City ホログラムシアター」イメージ
「あるある City ホログラムシアター」イメージ

エイベックス・エンタテインメントは、北九州市小倉駅前の商業施設「あるあるCity」で日本初となるホログラムシアター兼ライヴスペース「あるあるCityホログラムシアター」をプロデュースし、本年5月3日にオープンする。

今後は様々な映像コンテンツやアーティストを提供していくほか、「あるある City」を含めた小倉駅前の様々な施設で、ライヴやイベント等を実施していく。

ホログラムシアターは、ホログラフィック(3Dの像を記録し、再生する技法)により映像を楽しむことが出来るシアター。従来のようなホログラム専門シアターとは異なり、ライヴ会場への切り替えが可能なためエンタテインメントのマルチスペースとしての機能を持ち、最先端のプロジェクター設備により、ライヴビューイング、アニメ・映画の上映、プロジェクション・マッピング等、あらゆる映像エンタテインメントが、ハイクオリティに実現できる。

あるある City ホログラムシアター概要
オープン:2017年5月3日
場所:あるある City7階 福岡県北九州市小倉北区浅野2丁目14番5号
https://aruarucity.com/
収容:最大約380名(スタンディング)
音響:5.1chサラウンド映像:プロジェクターを使用したホログラム映像、壁面投影による演出が可能

シアターオープン記念ライヴ
日時:2017年5月3日
柏木由紀(あるある City 5 周年アンバサダー)×あるあるCity Vol.1

ホログラムシアター・オープン
2017年5月4日
第一弾コンテンツ:AAA ホログラムライヴ

関連記事RSS