ソニーの最新テクノロジー体感イベント「WOW Studio」開催、DJ HASEBE、DJ DYE(THA BLUE HERB)、鎮座 DOPENESSらがDJパフォーマンスを披露

2018年11月6日 11:15
ソニーの最新テクノロジー体感イベント「WOW Studio」開催

11月2日、渋谷・東京カルチャーカルチャーにて、ソニーの最新テクノロジーを体感できる展示イベント「WOW Studio」のメディア向け説明会・内覧会が行われた。
 

ソニーの最新テクノロジー体感イベント「WOW Studio」開催


11月2日〜11月4日の3日間に渡り、渋谷キャスト スペース・ガーデン、ソニースクエア渋谷プロジェクト、渋谷モディ1F店頭プラザの3か所で、遊び心溢れる仕掛けでソニーの最新テクノロジーや研究開発段階のプロジェクトを体験できる実験的な展示を集めた「WOW Studio」が開催。同社が10月より渋谷駅周辺各所で行っている取り組み「#SCRAMBLE×Sony」の一環として、渋谷の産官連携プロジェクト「#SCRAMBLE」との連携で行われた。
 

ソニーの最新テクノロジー体感イベント「WOW Studio」開催

 

ソニーの最新テクノロジー体感イベント「WOW Studio」開催


渋谷キャストの会場では、プロジェクションマッピングの技術を応用し、壁やテーブルなどに自由に絵を描くことができるデジタルペン「未来のストリートアート「Doodle Pen」(ドゥードゥルペン)」や、料理を置くとテーブルにキャラクターが投影され、アニメーション演出で来客を楽しませる「未来のカフェ「Interactive Character Cafe」(インタラクティブ・キャラクター・カフェ)」などが展示された。
 

ソニーの最新テクノロジー体感イベント「WOW Studio」開催


メディア向け説明会では、先立って10月にハチ公前で行われた「Co-creation Performance Stage(コクリエーションパフォーマンスステージ)」で実際にDJプレイをしたDJ moeも登壇。

映し出される映像や音、光などを組み合わせて様々な表現ができる「Interactive CUBE(インタラクティブキューブ)」の中に入りDJプレイをした感想を、「通行人がInteractive CUBEの前で立ち止まって、スクリーンに映し出される歌詞を口ずさんだり、踊ったりして楽しんでくれたのを見て、今までのDJプレイとは違った一体感を感じた」「私も新しい体験ができて、すごく楽しかった」と、当日を振り返った。

ストーリーテリングDJをテーマに、クリエイター集団SIXとの共創によって実現した「Co-creation Performance Stage」は開催期間の3日間に渡って様々なアーティストがライブステージを行った。

2日にはDJ和、Celly、ami(SALON)、3日にはDJ HASEBE、DJ DYE(THA BLUE HERB)、鎮座DOPENESS、4日にはtomad(Maltine Records)、D-YAMA、fazerockがそれぞれブースに登場し、音楽とテクノロジーを融合させたパフォーマンスで観客を魅了した。

ソニーの最新テクノロジー体感イベント「WOW Studio」開催

 

ソニーの最新テクノロジー体感イベント「WOW Studio」開催