大注目ビリー・アイリッシュが1位、ゲスト出演多数の関取花が2位、母に贈る曲にリクエスト集まる【エアモニ】

2019年5月15日 12:25

今週、2019年5月15日発表のラジオ・オンエアチャート(集計期間:2019年5月6日〜5月12日プランテック調べ)では、ビリー・アイリッシュが「バッド・ガイ」で初の1位を獲得した。

3月29日リリースのアルバム「ホエン・ウィー・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥー・ウィー・ゴー?」収録の同曲は、4月1日〜4月7日チャートで71位デビューした後、25位→18位→15位→7位→1位と推移。これ以前には同アルバムから「ベリー・ア・フレンド」が同じく大量オンエアされており、2曲にわたってロングスパンでのラジオ露出を続けている。

これが功を奏し、いずれもラジオとの親和性の高いストリーミング・サービスでの再生数やCDセールス数を着実に積み上げているようだ。世界での注目度と同様、ここ日本でも弱冠17歳の奇才に注目が集まっている。

2位は関取 花「太陽の君に」が先週4位から上昇。5月8日発売のメジャーデビュー・ミニアルバム「逆上がりの向こうがわ」収録曲で、リリース週を迎えオンエア数を伸ばした。曲のオンエア自体は4月中旬からスタートし、同下旬からは積極的なラジオ露出を続けている。

今週もゲスト出演が多数見られるなか、自然体に話す彼女に女性リスナーからのリクエストが目立ったのも特筆点だろう。リリース当日放送のJ-WAVE「GOOD NEIGHBORS」出演時には、同曲について“インディーズ作品時に選考から落ちた曲だったが、亀田誠治のプロデュースにより曲が化けた”ことや、CDを買って欲しい理由として「作品に関わってくれている人の名前が全て入っている。私だけが作ったものではないので、出来れば(CDを)皆の手元にずっと残しておいてくれたら」などと実直に話す姿が印象的だった。

3位はOfficial髭男dism「Pretender」が先週2位からのダウン。リリースを翌週に控えてのタイミングながらオンエア数自体は先週よりも増加し、TOP3をキープした。4月8日〜14日チャートで4位に初登場して以来、大量オンエアを持続させるなか、リクエスト数が右肩上がりなのも注目すべきだろう。今週はAMチャートでも2位となるなど、9割以上のステーションで全国的にオンエアされており、“ヒゲダン”への広範囲での注目度の高さが窺える。セールスの結果も非常に楽しみだ。

 

“母に贈る”メッセージソングが急伸、洋邦定番曲にリクエストも多数集まる


今週12日は“母の日”であったため、コレにちなんだメッセージソングのオンエアが急伸した。10位にチャートインした半崎美子「母へ」は8日リリースのシングル。新譜ということでも必然的に注目され、先週13位からTOP10入りを果たした。

また、定番曲では洋邦問わずチャート上に散見されるなか、かりゆし58「アンマー」は圏外から最上位26位に急浮上。リクエスト数も新譜並みの数を集めた。他は、宇多田ヒカル「花束を君に」(33位)、AI「ママへ」(45位)、Superfly「愛をこめて花束を」(55位)、スパイス・ガールズ「ママ」(59位)、SEAMO「MOTHER」(83位)、いきものがかり「ありがとう」(83位)、ウルフルズ「かわいいひと」(83位)、ボーイズIIメン「ソング・フォー・ママ」(100位)などが上位にチャートイン。GW明けでもあり、花と感謝の言葉に溢れた穏やかな週末を送ったリスナーも多かったことだろう。
 

RADIO ON AIR DATA

(集計期間:2019年5月6日〜5月12日)
1.バッド・ガイ / ビリー・アイリッシュ
2.太陽の君に / 関取 花
3.Pretender / Official髭男dism
4.ME! feat. ブレンドン・ユーリー・オブ・パニック!アット・ザ・ディスコ / テイラー・スウィフト
5.パート・オブ・ユア・ワールド/ホール・ニュー・ワールド / ディカペラ
6.Pool / SIRUP
7.君の唄(キミノウタ)/ 阿部 真央
8.STORY / never young beach
9.イフ・アイ・キャント・ハヴ・ユー / ショーン・メンデス
10.母へ / 半崎 美子

ラジオ・オンエアモニタリング(エアモニ)・ランキング
調査基準:本ランキングは調査対象局において下記条件を満たすオンエアのあった楽曲を集計。
・1曲につきワンコーラス以上、もしくは連続して60秒以上のオンエアがあること。
・BGMでないオンエアであること。