エイベックスと東芝DSL、スマートスピーカーやカーナビをアーティストらの声で再生する新サービス展開に向け新会社設立に基本合意

2019年7月12日 11:51
エイベックスと東芝DSL

エイベックスは、東芝デジタルソリューションズ(以下:TDSL)と、TDSLが提供する音声合成技術を活用した声の権利化・流通プラットフォーム「コエステーション」のビジネス拡大を目的に新会社設立に向けて基本合意したと発表した。8月中の正式契約締結を目指す。

近年、音声合成技術を取り巻く市場が急速に拡大している中で、エンタテインメント分野においても、デバイスとの音声コミュニケーションを好きなアーティストやタレント、キャラクターの声で楽しみたいといったニーズが高まりつつある。

このような背景のもと、エイベックスグループのエンタテインメント領域におけるサービスのノウハウと、TDSLが開発した高度な音声合成技術を活用したコエステーションを組み合わせて、「コエ(声)」の新たなサービスを展開すべく、両社間で協議してきた。

今回の基本合意により両社は、エイベックスが設立する新会社(以下:新会社)に対してコエステーションを移管するとともに、新会社にTDSLが出資を行うことで新会社を通してコエステーションを展開していくことを検討する。

新会社はエイベックスが持っているIP(知的財産)に加えて、国内外のあらゆる「コエ(声)」を調達・利用したサービスを展開し、音声コンテンツの新しい市場の創造と拡大を目指す。