【Qsicman連載企画】エンタメ業界への就職を目指す方へ「採用担当者にききました!」〜(株)芝浦スタジオ〜

2018年7月5日 13:30

エンターテイメント業界への就職・転職を目指す方々へ向けた特別連載、「採用担当者にききました!」。
#05は、株式会社芝浦スタジオです。

2018年6月29日掲載
芝浦スタジ
株式会社芝浦スタジオ
採用担当:清水貞秀さん(S-cubeSound) /月岡美沙さん(世田谷スタジオ マネージャー)


株式会社芝浦スタジオは、東京都内3拠点でプロユースのリハーサルスタジオを運営しています。芝浦スタジオ・世田谷スタジオは国内外のトップアーティスト(ゲネプロ)にご利用頂き、羽田スタジオは他にはないその広さから、大規模なCM撮影、イベント、ミュージカルなど、多目的スペースとして幅広い用途にも対応しています。また、音響部(S-cube Sound)はスタジオの枠に捉われず、コンサート現場にも積極的に関わっています。
 

芝浦スタジオ



——本年の新卒採用や、今後募集を予定している職種を教えてください。

下記の2職種を新卒・中途ともに募集しています。学生でもエントリー可能です!

<S-cube Soundスタッフ>
■音響機器の操作、管理、メインテナンス
・スタジオ内での音響機器の事前打合せ、仕込み、撤収の補助
・経験により、モニターエンジニアとしての実務
・機材、設備の保守管理
■コンサート、イベント等の音響オペレートおよびステージマン

<サービススタッフ>
■アーティスト、コンサートスタッフとの接客
・設備のご案内、電話応対
・清掃全般、設備の保守管理
・キャンペーンや館内のPOP作成
■ブッキング業務、営業宣伝業務


——貴社で働くために必要なスキル(身につけておいた方が良いスキル)はありますか。

<S-cube Soundスタッフ>
音響系の専門学生の方は「音響理論」「電気」など基礎的な知識を今のうちにきちんと身につけてください。そして、あらゆる音楽を幅広く聴いて自分の感性を養いましょう。

<サービススタッフ>

技術職と違い専門的なスキルは必要ありませんが、臨機応変さが求められます。一見、誰にでもできそうな仕事だからこそ、手を抜かないでできるかも大事ですね。
 

芝浦スタジオ
芝浦スタジオエントランス


——どんな方を採用したいかお教えください。

的確なコミュニケーションが図れ、お客様(アーティスト)の要望にしっかり対応できる方です。未経験でも自分のビジョンを強く持ち、泥臭い作業も厭わない成長意欲の高い方には十分チャンスがありますよ!


——就職活動をしている方へメッセージをお願いします。

この記事を読んでいる方は誰かを喜ばせたり、そのサポートをする事に特別な幸せを感じられる方だと思います。自分の仕事が“誰かの感動につながっている”と信じて、そのワクワクをエネルギーに変換できれば、この仕事はやみつきになりますよ!改めて「エンターテインメント」の意味や起源も調べてみてください。
 

芝浦スタジオ


「ピエール中野ドラムオーケストラ @羽田スタジオ1st」


関連記事:専門学校ESPエンタテインメント東京で新卒者向け合同会社説明会を開催、学生が就職に望むものをアンケート調査