FOCUS

ー LIVING LEGEND シリーズ ー
身体を突き動かす「格好良い音」を追い求めて【後半】

日本屈指のマスタリング / カッティング・エンジニア
小鐵 徹
(JVCマスタリングセンター)インタビュー

マスタリング / カッティング・エンジニア 小鐵 徹(JVCマスタリングセンター)
マスタリング / カッティング・エンジニア
小鐵 徹(こてつ・とおる)

「日本のマスタリングの父」と呼ばれ、72才の現在も日本屈指のマスタリング・エンジニア/カッティング・エンジニアとして大活躍されている小鐵 徹さん。CDやアナログレコードのクレジットでその名前を見ている人も多いはずだ。もはやブランドとも言える「小鐵 徹」の刻印は、良い音の保証マークである。今回は巨匠・小鐵 徹さんにご自身のキャリアからマスタリング/カッティングに対する信念までじっくり伺った。
(インタビュー・山浦正彦、文・Kenji Naganawa)
2015年11月30日 掲載

インタビュー前半はこちらから!
【前半】身体を突き動かす「格好良い音」を追い求めて
日本屈指のマスタリング / カッティング・エンジニア 小鐵 徹(JVCマスタリングセンター)インタビュー
JVCマスタリングセンター: http://vcm.victor.jp/media/mastering/

自分の中にたくさんの引き出しを用意する

小鐵 徹氏(JVCマスタリングセンター)
—— カッティングの作業について具体的にご説明願えますか?

小鐵:カッティングと言いましても、CDと同じく、まずはマスタリングします。マスタリングについて、僕は「お化粧」と言っていますが、素材が持ち込まれて、それを聴いて「薄化粧かな?」「濃い化粧のほうが良いかな?」「この楽曲ならスッピンの方が良いんじゃないかな?」という判断をするんです。マスタリングと言っても、何でもかんでも化粧をするわけではないんです。色付けせず、フラットで行こうと思う楽曲もありますから、その辺りの見極めは、個人の引き出しに依ることが大きいと思います。

僕は音楽って基本的にファッションだと思っているんです。服、ヘアースタイル、お化粧と同じ。ファッションで一番大事なものってなんだと思いますか? 要は「格好良い」ことですよ。服を見て「お!格好良い!」って。人間の原始的な叫びですよね。音楽だって同じで、「お!格好良い!」って思わせる、ニュアンスやセンテンスを織り込むのがマスタリング・エンジニアです。その楽曲を一番活かすというところでね。

—— なるほど。

小鐵:お客さんがココに座って、僕が後ろから見て、「素材をこうした方が良いかなあ」って案が浮かぶでしょう? 案は一つしか浮かばないこともあるし、いくつも浮かぶことだってある。そうすると一つの素材に対して、A,B,Cと複数のパターンが出てきます。お客さんには、まずフラットを聴いてもらって、A、B、Cを聴いてもらう。そしてお客さんは「Bがいいけど、もっとこうして欲しいです」とか色々と言い出すんですよ。そうしたらBをベースにB’、B”・・・を作って出す。そうするとお客さんは「B”がいいですね。でも欲を言えば…」とまた言い出す(笑)。で、B”からB”−1,B”−2,B”−3を作る。そうやって最終的に詰めていく。これが僕のマスタリングのスタイルなんですよね。それはCDもアナログも同じです。

—— お客さんと音を細かく詰めていくと。

小鐵:ここにミュージシャンが来て、マスタリングに立ち合うでしょう。彼らが気に入ったものが出たときって、やっぱり体が動いているんです。「格好良い」というのは「ノる」んですよね。身体が動く。ところが格好良くない、気に入らないものだと・・・後ろから見ていると分かるんですよ(笑)。

僕なんかはお客さんが望んでいることを察知しようと「一を聞いて十を知る」みたいな感じでお客さんを見ています。察知したことを引き出すために、誘導尋問的なこともしますし、特に初めてのお客さんの場合はそうです。お互いかしこまっている状態の中で、何を欲しているか探り出すためにね。

—— 先ほどA、B、Cと選択肢を出すとおっしゃっていましたが、ご自分の中で「これが良い」というものはあるんですよね? そのときに思っているものと違ったものを選ばれたときはどうされるんですか?

小鐵:これは大事なことなんですが、マスタリングというのは自分の趣味嗜好でやっているんではないんですよ。あくまで主体はお客さん。そのアーティストが一番好んでいる音は何かを見つけてあげなければいけない。だからお客さんが、「僕が良い」と思ったものと反対のものを選んだとしても、その良さを分からなければいけない。自分が出す選択肢全ての良さが分からなければいけないんですよ。

—— それができるというのは引き出しが多いということですよね。

小鐵:はい。それも時間がかかってはいけない。人間の集中力なんて、それほど長く持たないですから、お客さんの要望というのを瞬時に出してあげなきゃダメなんですよ。例えると同時通訳に近い感覚です。そのためにたくさんの引き出しを用意しておかなければならないんです。そうしないと瞬時に出せない。こういうことって教えられないんですよね。引き出しは自分で作るしかないんです。

—— 小鐵さんはどうやってその引き出しを作っていったんですか?

小鐵:横浜時代の若い頃というのはポップス、クラシック、純邦楽と色んなテクニカルが、廊下に置いてあったんですよ。そこから、自分がその日やる仕事を持って行くんですが、僕はドン臭いタイプだから、要領の良い奴に面白いテクニカルを持って行かれちゃうわけです。僕が取りに行ったときには、クラシックだの純邦楽だのタイムの長いものだのばっかりで、そのときは「どいつもこいつも手が早いなあ」と思ったもんですが、色んなジャンルを雑食することができて、とても良い勉強になりました。そうすると、どんなジャンルが来ても引き出しがあるから、すぐ対応出来るわけです。色んなことが苦もなくできる。そこで力が培われたんだなと思います。




特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第68回 ジョブズの師、知野弘文〜スティーブ・ジョブズ(20) <4/19 更新!>

【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン【後半】インターネットの恩恵を受けたアーテ…

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」 1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」
楽天が2016年8月に提供を開始した定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」。サービス開…

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース 「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース
誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーテ…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像