FOCUS

「AWA」は長く愛される質の高いサービスを目指す
サブスクリプション型音楽配信サービス「AWA」
取締役 小野哲太郎氏インタビュー


AWA(株) 取締役 小野哲太郎氏
AWA株式会社 取締役
小野哲太郎

エイベックス・デジタルとサイバーエージェントが共同出資したAWAによる、新しいサブスクリプション型(定額制)音楽配信サービス「AWA(アワ)」がサービスを開始し約8ヶ月が経過した。以後「Apple Music」「LINE MUSIC」「Google Play Music」などサブスクリプションのサービスが次々とスタートし、定額制配信も一気に身近なものになった印象があるが、サービス提供側はこの8ヶ月をどのように見ているのだろうか? 今後の展望も含めて、AWA(株) 取締役 小野哲太郎氏に話を伺った。
(JiRO HONDA)
2016年1月18日 掲載

一番の課題は課金転換率の向上

—— 「AWA」のサービス開始から約7ヶ月(2015年12月時点)経ちましたが、当初の想定と比べていかがですか?

小野:当初、高い目標を立てていましたが、その想定をはるかに上回る伸びだったと思います。今現在、650万ダウンロードを超えていまして(2015年12月時点)、以降も順調に伸びている状況ですので、この点はとても良かったと思います。一方で、課金転換にどう繋げるかが課題で、実際AWAがスタートしてから今に至るまでに課金転換率は約3倍まで向上はしているのですが、市場全体を俯瞰してみたときに、みんなサブスクリプションに課金する状態なのかというと、まだ乗り越えていかねばならない壁があると感じていますね。

—— もっと多くのユーザーが課金してくれると想定されていた?

小野:構造上、かなりコストのかかるビジネスなので、相当な規模のユーザーに有料プランで使っていただかないと、事業としてはなかなか成立しないというのはあります。売上からJASRACなど著作権管理団体とレーベルへの支払い、AppleとGoogleへの決済手数料の支払いを差し引いた粗利の中で事業運営費1億〜2億をまかなうには、トップラインを伸ばすしかないんですが、まだまだ足りていないのが実態ですね。ただそれも想定通りではあるので、今後じわじわと有料プランのユーザーを増やして、粗利が事業運営費を超えるところまで持っていきたいですね。

—— では、現状一番の課題は課金転換率ということですね。

小野:そうですね。ユーザーに「960円で世界中の曲が聴き放題です」と説明すれば、頭では「安い」と理解していただけます。アルバム1枚買うよりお得だなと。ただ、毎月960円引き落とされることに、心理的なハードルがあるんですね。また、海外ではサブスク自体が浸透し始めているので、一人のユーザーが複数のサービスに加入していることもあるんですが、日本ではこの文化自体をまずは当たり前にしていかないといけません。

その背景には、携帯電話などを販売するときに店頭で行われるレ点営業も影響しているのではないかと推測しています。気がつけば、あまり利用しないサービスなどに対して、月額でいくらかのお金を支払っていたという経験を多くの人がしているかと思うのですが、ほとんどの人はこれにフラストレーションを感じているのではないでしょうか。そのイメージが頭の中にあるので、月額で利用料金を支払うということに対して、心理的なハードルがあるのではないかと思いますし、そういったやり方が旧型のサブスクだと主流だったので、ユーザーの中に抵抗感があるなと感じています。我々はそういうやり方はせずに、無料の体験期間を終えた方には、ご自身で判断して、サービスを継続するための利用登録をしてもらっています。

—— ユーザーがプレイリストを公開できることがAWAの大きな特徴ですが、これについてユーザーの反応はいかがですか?

小野:わずか8ヶ月で約400万個のプレイリスト(2015年12月時点)が作られています。これまでの音楽サービス上では、自分が音楽を聴くために作っていたプレイリストですが、AWAの登場により他者に聴いてもらうためにプレイリストを作って公開するという新しい文化が根付いてきています。無数にある曲の中からユーザーが何かしらの想いで選んだ8曲からなるプレイリスト、これらの集合体から、テクノロジーでそれぞれのユーザーに最適なプレイリストを届けるというキュレーションとリコメンド、2軸の仕組みにしているのですが、そこがAWAの特徴です。



—— 新しい音楽に出会う仕組みですね。

小野:ええ。私たちAWAのサービスは「音楽との出会いと再会」というテーマをずっと掲げており、ユーザーにはとにかく毎日連続的に素敵な音楽と出会ってもらいたいと思っています。実際にデータを見てみても、毎日違う音楽と出会っている人はサービスの利用継続率がとても高いんです。AWAにはプレイリストというキュレーションの部分と、リコメンドというテクノロジーの要素がありますが、高品質なプレイリストを大量にユーザーが作ってくれているので、今後はよりテクノロジーの部分を強化していきたいと思っています。例えば、アルゴリズム自体をパーソナライズするという方法に挑戦しようとしています。現在も複数のリコメンドアルゴリズムを内製して採用していますが、全てのユーザーが同一の仕組みでリコメンドされいます。今後はそのアルゴリズム自体をそれぞれのユーザーの趣向性に合わせて最適化する。ユーザーによって異なるアルゴリズムが採用されるわけです。そうすると、より多様な提案ができるようになっていきます。

また、より高品質なプレイリストのスコアが上がるような機械学習の仕組みや、プレイリストのタイトルや説明文を自然言語解析で分析し、プレイリスト間の関連性をあぶり出すための新たな仕組みも現在開発中です。2016年はリコメンドの強化が大きなテーマですので惜しみなく投資していきたいと思っています。




特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第68回 ジョブズの師、知野弘文〜スティーブ・ジョブズ(20) <4/19 更新!>

【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン【後半】インターネットの恩恵を受けたアーテ…

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」 1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」
楽天が2016年8月に提供を開始した定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」。サービス開…

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース 「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース
誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーテ…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像