ー LIVING LEGEND シリーズ ー
【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である

Tom's Cabin代表、SXSW Asia代表
麻田 浩 インタビュー


これからも日本のアーティストを海外に出してあげたい

—— 最後になりますが、麻田さんの今後の目標をお聞かせ下さい。

麻田:僕も年ですし、あと何年できるか分からないんですが、日本のアーティストを海外に出してあげたいというのが一番ですね。

—— 今、注目しているアーティストは誰ですか?

麻田:まず京都のバンド、パイレーツ・カヌーですね。彼らはもう2回SXSWに出したんですが、今は自分たちでアメリカツアーをやっています。彼らのようにきちんとビジネスをやっている人たちは結構いて、今年のSXSWからはそういう人たちをゲストに迎えて、色々と話もしてもらおうと思っています。日本は未だに恵まれていると思うのは、レコードを出したらすぐマネージャーがついて、ローディがついたりするじゃないですか。外国でツアーをやるというのは、そういうのとはほど遠い世界ですから、そういった状況に耐えなきゃいけないんです。

でも、本当に一所懸命やっているバンドはたくさんいますし、みんな面白いです。今でもどちらかというと、ボアダムスを始めとするあの手の音楽が日本って強いんですね。それこそジム・オルークだとか、そういう日本の音楽に惹かれたようですしね。僕も「昔、ボアダムスとやっていた」なんて言うと、未だに「そうなのか!」なんて興味を持たれますしね(笑)。今、日本には女性のソウルシンガーみたいな人が多いですが、上手い人はアメリカに掃いて捨てるほどいますから、この辺はなかなか難しいんですよね。

—— 日本でR&Bとか、そう呼ばれる人たちですよね。

麻田:だから僕は、隙間を狙うんです(笑)。実は今バンドって狙い目だと思うんですけどね。先ほどお話したパイレーツ・カヌーなんて、編成はマンドリンとバイオリンとギターですからね。他にあまりない、非常に面白いバンドです。

—— 韓国が世界中を席巻していますが、全部ダンス系でバンドはあまりいませんよね。

麻田:いないですね。日本はバンドが強いですし、オリジナリティ溢れるバンドが結構いますから。

—— ちなみに言葉の問題はどうなんですか?

麻田:言葉の問題も本当にないと思いますよ。英語を歌わなきゃいけないということもないですしね。

—— 要するに、海外仕様の味付けはしないでオリジナルで勝負できる?

麻田:そうですね。そういえば、去年のSXSWでPerfumeをやったんですよ。これは凄く評判が良かったですね。みんな驚いていました。あと、BABYMETALも「良いところを突いているな!」と思って、彼女たちが中学生のときに「SXSWに行こうよ」と提案したんですが、卒業試験かなんかでダメでした(笑)。あれだって独創的なアイデアを実現させた“隙間”じゃないですか(笑)。

—— 良いところ突きましたよね。

麻田:本当に良いところ突いています。あとPerfumeは凄いです。彼女たちのライブは世界の最先端を行っていると思います。ステージを演出しているライゾマティクスというチームがとにかく凄い。ディレクターの真鍋大度さんが作る映像も含めたあのステージね。SXSWでは1日しかやらなくて、それも1時間くらいのライブでしたが、スタッフは70人くらい行っていますからね。恐らく1千万円以上かかっているんじゃないかな?

実はPerfumeはSXSWでやる何ヶ月か前に、ロスとニューヨークでライブをやったんですが、全然記事が載らなかったんですよ。つまり、その辺は売り方のノウハウがないんですね。結局、来るお客さんは、向こうに住んでいる日本人で、2000〜3000人なんてすぐ集まっちゃうじゃないですか。

—— それはもったいない話ですよね。

麻田:そう、本当にもったいないんですよ。僕がピチカートをやっていたときに、マタドールは「ツアーをやってくれ」と言ってくるんですけど、僕は金がかかるからツアーに出したくなかったんです。そうしたら「ツアーをやらないんなら何ができるんだ?」と言われたので、「とにかくビジュアルで攻めたい」と提案したんです。ビジュアル的には群を抜いて良いから、ポストカードを作ったり、ポスターを貼ったりしました。あとはどういったところにプロモーションしたら良いかなと向こうの人に訊いたら、ゲイの人たちにプロモーションした方が良いとアドバイスされたんですね。

—— ゲイの人たちにですか?

麻田:そう。ゲイの集まるライブハウスやバーですね。ゲイの人たちってセンスがとても良くて、先物買いの人たちなんですよ。あの人たちが面白いと言えば後はついてくるだろうと。そういうアイデアみたいなことをきちっと考えた上で、コンサートをやらないとやはり刺さらないんですよね。

—— 準備をしないと行っただけで終わってしまう?

麻田:本当に行っただけで終わっちゃうんですよね。その代わり、SXSWでやったときは凄く評判が良くて、アミューズの人も大喜びでした。でも、それはホールクラスになった人たちの悩みであって、ライブハウスでやる分には、とにかく来ているお客さんを掴めばOKです。ギターウルフなんてまさにそうですよ。ギターウルフも本当によくツアーをやっていましたからね。

—— そういった事情がよく分かっている麻田さんには音楽の輸出商社みたいな仕事をして頂きたいです。

麻田:僕も今後はそういうことをやった方が良いのかなと思っているんですけどね。無駄なことをしてもしょうがないじゃないですか。

—— 現地の動向に合わせて適切なタイミングで商品をリリースするという。

麻田:でも、ちゃんと見ている人は見ていますからね。3年前くらいかな、浅草ジンタという変わったバンドがいるんですよ。そのバンドが僕は好きで、SXSWに2回出てもらったんですが、そうしたらヨーロッパのエージェントが気に入ってくれて、翌年にヨーロッパツアーをやって、2013年のグラストンベリーに出たんです。ですから、きちっとした人が見て「これ面白い」となったら、意外といけるんですよね。そこを無駄なく売り込んでいくのが大切になるんです。

—— お話を聞けば聞くほど、これからも麻田さんの力が必要な気がします(笑)。生涯現役でお願いしたいです。

麻田:どうでしょうねえ(笑)。やっぱり年は感じていますよ。ライブは相変わらず観に行っていますけどね。SXSWがあるから、やっぱり観ないと駄目じゃないですか。ただ、SXSWの出演に関しては基本的にはアメリカの方へみんな申し込むんですよ。それでむこうが選ぶんですが、僕たちとしても「今年はこれを推したい」という1枠持っているんです。でも、基本向こうの人たちがセレクトしますから。どんなに有名な人でもそれは関係ない(笑)。

—— やっぱりこの商売に引退はないですね。好きなものはやめられないんですよね。

麻田:そうなんですよね(笑)。いまだに「え? こいつら凄えな!」と思うアーティストが時々いますからね。そういった出会いは一種の“麻薬”みたいなものなんですよね(笑)。

—— 不謹慎な言い方ですが、「分かっちゃいるけど止められない」(笑)。

麻田:「え? こいつら今までどこで何やっていたの?」という興奮があるんです。それはアメリカのSXSWでも日本でもそうです。そういう素晴らしい出会いがあるから、この仕事はやめられないんですよ。


「未来は音楽が連れてくる」電子書籍 第2巻
特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第62回 日本は「次の大物」を創りうるのか〜スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの(14) <11/30 更新!>

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像