FOCUS

ー LIVING LEGEND シリーズ ー
【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である

Tom's Cabin代表、SXSW Asia代表
麻田 浩 インタビュー


Toms Cabin代表、SXSW Asia代表 麻田 浩氏
Tom's Cabin代表、SXSW Asia代表
麻田 浩(あさだ・ひろし)

モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田浩さんは、トムズ・キャビン設立後、大手が手掛けない、でも音楽好きが支持する多くのアーティストたち(エリック・アンダーソン、トム・ウエイツ、エルヴィス・コステロ、グラハム・パーカー、トーキング・ヘッズ、B-52’s、XTC などなど)を次々と招聘。ロック文化・洋楽文化に大きく寄与されます。邦楽アーティストのマネージメントを開始後はSION、コレクターズ、コシミハルを手掛けられ、ピチカート・ファイブを海外での成功に導きました。また、昨年Perfumeも出演して話題となったSXSW(サウスバイサウスウエスト)での活動を通じて、多くの日本人アーティストを海外へ送り出し続けています。正にポピュラー音楽の歴史の目撃者とも言うべき麻田さんの、音楽愛に貫かれた活動と来月3月に開催が迫ったSXSW、そして今後の展望まで話を伺いました。

(インタビュー・山浦正彦、屋代卓也 / 文・Kenji Naganawa)
2016年2月26日 掲載

インタビュー前半はこちらから!
【前半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
Tom's Cabin代表、SXSW Asia代表 麻田 浩 インタビュー

「新しい世代のお客さんが育ってきた」パンク・NW時代〜スティッフ、コステロ、トーキング・ヘッズ etc.

—— スティッフにいたアーティストたちの音楽はやはり新鮮でしたか?

麻田:ええ。グレアム・パーカーやコステロを聴いて、「凄くいいな」と思いましたし、みんなで一つのバスに乗って、ツアーして回ったりするスティッフのやり方って凄く新鮮でした。こういうビジネスのやり方があるんだと思って。あと、その頃、後楽園ホールのストラングラーズで初めてスタンディング・ライブをやったんですよ。

—— 語り草になっているコンサートですよね。

麻田:結構トラブルが多かったですけどね。ジャン=ジャック・バーネルが客席に飛び込んじゃったり。あの頃のイギリスのアーティストはとても刺激的でしたね。ブリンズレー・シュウォーツ出身のニック・ロウ、グレアム・パーカー、コステロのアトラクションズ、あとXTCだとか、イギリスの方が全然面白かったですね。

—— 新鮮でしたよね。

麻田:でしょう? その代わりめちゃくちゃでしたけどね。そういう人種のライブをやったことなかったから(笑)。

—— コステロの銀座ゲリラ・ライブとか。

麻田:あれはね、コステロが「東京で一番有名な通りはどこだ?」って訊くから、「銀座通りだ」と言ったら、「俺たちはそこで練り歩く」と(笑)。「車に乗って演奏するから機材を揃えてくれ」って言われて、レンタカー1台借りて、楽器と機材を乗せて、銀座に入ってから音出してね。

—— これはヤバイとは思いませんでしたか?(笑)

麻田:「これ絶対に捕まる」と思いました。捕まらないわけがない(笑)。だから新聞の記者とカメラマンを銀座で待たせておいて、「絶対捕まるから絶対撮ってよ!」って。でも、コステロたちは英語で滅茶苦茶やっているから、警察もよく分からなくて「もういけ! ここでやっちゃ駄目だ!」って追っ払われるくらいで済んだんですよ。

—— 大事にはならなかったんですね。

麻田:でも問題はいっぱいありましたよ、コステロたちは。初日だったかな?アンコールでキーボードのスティーブ・ナイーブの言っていたキーボードが無くて、レオ・ミュージックに新しいのを買ってもらったんだよね。その後、大阪でバンド内のもめ事があって、スティーブがキーボードを思いっきり蹴っ飛ばしたんですよね(笑)。買ったばかりだし、凄く高かったんだけど、マネージャーちゃんとお金払っていたからね。僕たちには分からないけど、よく起きる出来事なんだろうね、向こうのマネージャーにとっては。

—— やっぱりパンク時代ですからね。みんな気性が荒い(笑)。

麻田:そうなんですよね。あの頃のお客さんは、それまでのトムズ・キャビンのお客さんとは違う全く新しい世代のお客さんが育ってきたんですね。集客も結構良かったですから「これでいけるかな」と思ったんです。当然ウドーさんとかキョードーさんとかやってなかったですしね。しかもトムズに投資をするって人が現れて、その話をしていたときに、新聞に「トムズ・キャビン倒産か?」って大きく書かれちゃって。

—— その記事は根拠があったんですか?

麻田:ないでしょう。あの頃はどのプロモーターさんも大変なときで、みんなそんなに上手くいっている時代じゃないですし、ましてや、うちなんかそんな新聞記事になるような会社じゃないんですよ。しかも、ずっといつ倒産するか分からない会社だったから(笑)、なんで今さらこんな記事が出ちゃうんだろう?と思いましたね。

—— トムズキャビンにとっては調子良さそうなときですよね。

麻田:一番調子良いときです。トーキング・ヘッズもやり、B-52'sもやり、だから僕の友達も投資してあげるからって言ってくれたんですよね。でも、そういう記事が出ちゃって、投資の話もなくなり・・・倒産する会社に誰が投資するかって話ですよね。それで出資してくれるお金をあてにして会社を回していたところが、さっと手を引かれちゃったんで、不渡りを出したんですよね。結局倒産して、その当時で多分7000万くらい負債がありましたね。

—— その負債はどうしたんですか?

麻田:2、3ヶ月経ったら、ゴダイゴをやっていたジョニー野村が「うち(ジェニカミュージック)に来いよ」って言ってくれて、「でも何をやったら良いか分かんないな」と言ったら、「ゴダイゴを1つブッキングするごとにギャラ払うから」と言ってくれて、それで少しずつ返済していって、3年くらいやっていたかな。

で、僕と同じくらいに日高氏(日高正博:現スマッシュ 代表取締役社長)がジェニカに入っていて、僕がブッキング、日高氏がプロモーションみたいに分担して、邦楽アーティストはゴダイゴ以外にも新人だったルースターズとか、そういうものもやっていました。そこで、邦楽アーティストを初めてやったんです。




特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第70回 音楽消費の場となったYouTube。音楽使用料は70円/人。定額制配信2030円/人に対し〜スティーブ・ジョブズ(22) <7/26 更新!>

【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン【後半】インターネットの恩恵を受けたアーテ…

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は 過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は
イベントに関する演出機材やグッズ、各種サービスが一堂に集まる日本最大級の見本市「第4回 ライブ・エン…

1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」 1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」
楽天が2016年8月に提供を開始した定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」。サービス開…

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース 「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース
誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーテ…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像