FOCUS

日本人として世界で戦うハイブリット企業
ヒット曲のプロデュースを数多く手がける株式会社ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談

ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介
株式会社ディグズ・グループ 代表取締役
工藤与明(写真 右)
音楽プロデューサー
今井大介(写真 左)

STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム「ディグズ・グループ」。欧米では一般的なコライティング(共作)をいち早く取り入れ、海外のサウンドを日本のJ-POPファンに浸透させた気鋭のクリエイター集団に、音楽プロデューサー 今井大介(D.I)氏が加入。「日本を武器にして海外で勝負をしたい」と語る同社 代表取締役 工藤与明氏との対談が行われた。

日本レコード大賞を受賞した、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「Unfair World」、「R.Y.U.S.E.I.」などのヒットでさらに存在感を増しているディグズ・グループが仕掛ける次の一手とは。

2016年5月25日 掲載

コライティング(共作)を軸にチームで世界基準のクリエイティブを創り上げる

—— ディグズ・グループはどのような経緯で設立されたのでしょうか?

工藤:僕はもともとアメリカに10年いて、そこからキャリアがスタートしているんですが、アメリカで得た刺激的なものを日本に持ってきて日本文化の底上げをしたい、そして日本を武器にして海外で勝負したい、という理想がありました。

ディグズを日本に設立した2005年は音楽産業の売上がかなり下がってきていましたが、当時からこのままでは下がる一方だと思っていました。CDが売れないとかデジタルとかそういう問題じゃなくて、クリエイティブの点だけで考えると、東南アジアも含めて日本は絶対的に海外に負けているので、まだまだやれる余地があると感じていましたね。

今井:音楽のジャンルで日本は強みと弱みがあると思うんですよ。例えば、歌謡とか演歌は海外にはないジャンルで日本の強みだったりするんですけど、洋楽がベースになるJ-POPなどは全体的な厚みはあるんだけど、K-POPのような突出したものがないんですよね。

今後は日本のアーティストを東アジア・東南アジアに輸出していくことになるかと思いますが、当然、東南アジア・東アジアでも、自分の国のアーティストを日本へ出したいと考えているはずです。そうなったときに、日本でのリリースを前提として、1から10までシームレスに制作ができるのが、グローバルな感覚を持つディグズだと思うんです。アーティストを輸出するのも大切ですが、制作者・制作チームを輸出することが日本はできていないんです。でも、クリエイターだけ送り込むんじゃなくて、チームとして受け入れたほうが向こうも分かりやすいじゃないですか。

工藤:ディグズは英語やフランス語、韓国語ができるスタッフが集まってますし、常に海外を意識してビジネスを展開したいと考えているので、色々な面でコミュニケーションが取れるのは大きな利点かなと思います。ポイントは言語より海外慣れしているということですね。日本でK-POPブームになる前に、少女時代の日本ファーストアルバムをディグズで制作したいと指名していただいたんですね。どういった経緯で名前を挙げてくれたかはわからないんですが、結果ミリオンになりましたし、クリエイティブを評価してもらえたんじゃないかと思っています。そこがクレジットよりも僕たちの武器になるんですね。

少女時代「GIRLS GENERATION」
▲少女時代の日本ファーストアルバム「GIRLS’ GENERATION」

今井:7〜8年前にSTYが出てきたときも「すごい子が出てきたな」と思いましたね。彼の楽曲はあれよあれよという間に変化していくんですよね。しかも、彼はこちらの想像とは違うことをやりだすじゃないですか。HIROくんも初めてコミュニケーションをとったときに、トラックダウンされたものを聴いて「これはうかうかしれられないぞ」と思いました。

楽曲をコライトすることで、新しい刺激もありますし、彼らのインスピレーションにひっぱられて、今まで自分でも想像できなかったクリエイティブが生まれたりします。ディグズは所属している作家たちがコライトしたり役割をシフトして、集団で楽曲を創りあげている。例えるなら、パフ・ダディがいた『バッド・ボーイ・レコード』とかと同じにおいがするんですよ。

工藤:日本と海外は制作スタイルが違うじゃないですか? 僕らがコライティングという共作をメインにやっているのは、作家を育てたいという考えからなんですね。作家さんのやりたいことを理解して、真の実力を発揮できる環境を作ることが僕らの仕事で、うちに所属したいと思ってもらえるようなマネジメントをしていかなければならない。ただ、ディグズを作家事務所と考えたことは一度もなくて、STYもMitsu.Jもレコード大賞を頂きましたが、彼らができないことをMaozonができたり、それぞれの作家さんが作る曲にカラーがあるんですよ。もちろん商業として売れることを考えながら作らないといけないときはありますし、みんなもそれを理解しながらやっていますが、やはり自分が100%いいと思っているものを作りたい、もっとこういうことをやりたいというオリジナリティというか、それぞれ独自の発想があるんです。




特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第68回 ジョブズの師、知野弘文〜スティーブ・ジョブズ(20) <4/19 更新!>

【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン【後半】インターネットの恩恵を受けたアーテ…

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」 1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」
楽天が2016年8月に提供を開始した定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」。サービス開…

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース 「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース
誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーテ…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像