【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン

スポティファイジャパン 野本 晶さん

ストリーミングとソーシャルはアーティストをどう変化させたのか
スポティファイジャパン株式会社 ディレクター 野本 晶
2017年3月14日掲載

自由に音楽を表現し、ファンと繋がるミレニアル世代

かつては「メジャーデビューを目指す」というような画一化された目標があり、レーベルが間に入らないとなかなか音楽がユーザーに届かないような状況でしたが、TwitterなどのSNSを通じてユーザーとアーティストが直接繋がれる、また自由に自分の音楽を発表できる場が増えたことで、“売れたい”より“聴いてもらいたい”という気持ちが強くなっているように思います。

ですから、ミレニアル世代のアーティストたちはSoundCloudなど収入にならないところにもどんどん音源を公開しますし、ソーシャルに音楽ストリーミングが新しく加わることで、音楽込みでユーザーと繋がっています。

また、音楽ストリーミングだと日本だけでなく世界にも音楽を届けられますから、シーン的にはこれから面白くなってくるんじゃないでしょうか。

Spotifyが2017年に注目する新人アーティスト

今年話題になりそうな新人アーティストを紹介したプレイリスト「Early Noise Japan 2017」の中でも、The Hotpantzはアメリカで人気が広がってきています。彼らはSpotifyで最初に音源をリリースしてくれたんですが、プレイリストやオーディオ広告に曲が使用されたことで徐々に認知度が高まっていきました。

その後、日本人の方がブログで紹介したことがきっかけで、ある日突然海を渡ってアメリカでブレイクしました。LAのローカルチャートではドレイクやアリアナ・グランデと並んで4位まで急上昇しました。

ちょっと信じられないですよね。実は海外を意識して英語バージョンも録ったんですが、ランクインしたのは日本語バージョンなんです。この状況は現在進行形で広がっていて、LAからアメリカバージニア州のアッシュバーンという街のカレッジラジオのチャートで1位になり、さらに隣の州に飛び火しています。

THE HOTPANTZビッケブランカ
The Hotpantz、ビッケブランカ

また、ビッケブランカもいきなりバイラルチャートいう口コミチャートの1位になりました。Spotifyには2つチャートがあって、再生回数に基づくメインチャートは人気曲は根強く順位があまり変わらないのが特徴なんですが、口コミチャートは毎日順位が入れ替わるので、ここで1位になるというのは注目しても面白いかもしれません。

これは仕込もうと思ってもなかなか仕込めないもので、他にもポルカドットスティングレイなどの新人も1位になってます。多分TwitterなどのSNSでフォロワーの多いユーザーが「この曲良いよ」と薦めたことが、この結果に繋がっているんだと思います。



“どのメディアか”ではなく“誰からの情報か”で判断する

例えば、「『Early Noise Japan 2017』をたくさんの人に紹介したいんだけど、どんなメディアと組んだらいいかな?」って彼らに訊くんですが、「メディアはあんまり意識してない」と答える人がすごく多いんですね。「音楽情報は信頼してるユーザーさんや他のアーティストからゲットすることが多いので、どのメディアが良いっていうのは別にないです」と。

彼らはSNSや信頼してる人の口コミから、自分にとってより有益な情報かどうかを判断しているんですよね。まあ、その人が雑誌のライターさんかもしれませんが、いずれにせよ”メディアより個人”という側面が強いようです。

世界中のアーティストとソーシャルで交流

彼らは非常に上手にデジタルを使っていますよね。ソーシャルって仕込みはすぐばれてしまうみたいで、ユーザーも気付いちゃうんですよ。ですから、アーティストのスタッフのツイートであったとしても、本当に「良い」と思って発信しているものの方が共感を得て広がりやすいと思います。

また、海外だとアーティスト同士がソーシャルで交流するんですね。ソーシャル上でお互いの曲を褒め合ったりして、その結果コラボレーションが生まれたり、フィーチャリングで一緒に曲を作るようなことがすごく活発に起こっています。

日本でも日常的にそうしていきたいという想いもあって、今回「Early Noise Japan 2017」に1人だけJess Connelyというアジアのアーティストを入れました。彼女はフィリピンのインディーズ・アーティストなんですが、歌が本当に上手いです。

Jess Connely
Jess Connely

彼女は「日本でピックアップされるなんて信じられない」と言ってましたが、こういったプレイリストなどを通じて、日本と海外で活発な交流が生まれればいいなと思っています。そのきっかけをSpotifyで作っていきたいですね。

今後アーティストに求められるのは音楽+人間力

最近ではEDMもトロピカルハウスが流行しているように、全体的にゆったりしたサウンドが音楽的なトレンドになるかなという予測はあるんですが、デジタル世代のトレンドとして、人間力というかアーティスト自体の存在感がすごく求められるようになってきていると感じます。憧れられる何かを音楽的にも人間的にも持っているかどうかが重要かなと思います。

そのためにもアーティストたちには、とにかくたくさんの多様な音楽を聴いてもらいたいです。その体験が新しい音楽を生み出すと思いますし、Spotifyのようにたくさんの音楽に出会う環境が今はありますから、アーティストにこそたくさんの曲を聴いてもらいたいなと思っています。

最初から世界を意識してほしい

音楽業界の方やアーティストに限らず、日本の市場がまず大事というのは間違いないんですが、日本で実績をつくることと、世界に出ていくことをあまり分けずに考えて欲しいなと思っています。

特にSpotifyでは、日本でやったことが世界に広がる可能性もすごくありますから、最初から世界を意識してほしいですね。どこでブレイクするか分からないですから。

今となってはアーティストのほうが海外を意識していると思いますし、僕らも大きな成功というのはこれからですが、例えばThe Hotpantzはアメリカで、illionがドイツやフィンランドで、など海外での成功事例も生まれはじめていますので、そういったチャンスを是非、意識してもらいたいですね。



特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第68回 ジョブズの師、知野弘文〜スティーブ・ジョブズ(20) <4/19 更新!>

【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン【後半】インターネットの恩恵を受けたアーテ…

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」 1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」
楽天が2016年8月に提供を開始した定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」。サービス開…

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース 「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース
誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーテ…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像