【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン

株式会社クリエイティブマンプロダクション 目黒 裕一氏

「生である」ライブの優位性を生かしつつ、包括的なビジネスモデルを模索
株式会社クリエイティブマンプロダクション 邦楽部 目黒 裕一

BABYMETAL、[Alexandros]など、多くの日本人アーティストの海外コンサートを手がけ、次世代アーティストのワールドワイドな活躍の場を広げているクリエイティブマン。プロモーターの視点から見た次世代アーティストのライブシーンの変化とは。
2017年3月16日掲載

SNSでのプロモーションは飽和状態

プロモーションは大幅に変わりましたね。これはみなさんおっしゃっていると思うんですが、「テレビの地上波にのったら数字を稼げる」というような定石は少しづつなくなってきているのかなと思います。

今はウェブでの情報が飛び交っていて、SNSで誰もが個人で宣伝ができる時代なので主流となっていますが、そのSNSも飽和していて、ただ情報をアップしただけではお客さんには届きません。そこから先をどう独自に展開できるか、そこに行き着くまでのプロモーションをみなさん試行錯誤されていますね。

僕らもYouTubeに宣伝を打ったりはするんですが、ライブの動員にどの程度効果があったか、見えづらいのでなかなか難しいです。若い世代はSNSの中では圧倒的にTwitterユーザーが多いので、Twitterだけは外さないようにしつつ、シティポップ寄りのアーティストはインスタのほうが強い等、アーティストによって出し分けはしています。

増加する“写真撮影OKライブ”のメリット・デメリット

日本公演では今まであまりみかけなかったのですが、最近では写真撮影OKのライブも増えてますね。アーティスト側より公認で撮影を認めて「ハッシュタグをつけて宣伝してくれ!」と。これはお客さんも写真が撮れるしアーティストサイドは宣伝になることもあってウィンウィンですね。

ですが、デメリットももちろんあります。撮影してる手が邪魔で見えなかったり、スマホのライトの影響で演出の暗転が作れなかったり、あとアーティストサイドも、クオリティの低い写真を上げないでほしいということもあるので、賛否両論ですね。

でも洋楽や海外公演は基本的に撮影OKなんで、演奏をしてるアーティストにとってはカメラ越しで見られるのも気持ち良くはなさそうですよね。ニュースでもこの間取り上げられてましたが、レッチリのライブのギターソロで、お客さんがギタリストをスマホで撮影してる様子をギタリストが演奏を止めてスマホで撮影すると。現代ならではの光景でもありますね。

目に焼き付けて欲しいという事もありますが、自分だけのオリジナルな動画が欲しいって気持ちを考えると僕自身も考えに悩む所ですね。

演出がライブに足を運ぶ理由の1つに

クリエイティブマンプロダクション 目黒 裕一氏
これはあくまでも僕の個人の考えなんですが、僕としてはアーティスト本人には極力Twitterとかをやらせたくないんです。

アーティストはお客さんのリアクションが見られるから面白いと思いますし、お客さんもアーティストのオフシーンが垣間見えたりして面白いと思うんですよね。でもアーティストとファンってある程度の距離が必要だと思うんですよ。

身近すぎるとお友達感覚になっちゃうんですよね。僕らって夢を売る商売じゃないですか。アーティストを神格化させないと、ライブでの「本人が目の前にいる」っていう感動が半減しちゃうと思うんですよ。

今はAbemaTVさんとかLINE LIVEさん、ニコ生配信さんもそうなんですけど、音質も良くなって自宅でもかなり良い環境で観られるのに、わざわざライブに足を運ぶ理由ってなんだろう? と考えると、憧れのアーティストを生で観られること、プラスアルファでそこに演出が入ってくると思うんですよ。やはり映像だけだと体感できない部分があると思うので。

VR技術が進化すれば空気感もバーチャルで体験できるようになるかもしれないですが、生であるというライブの優位性はなくならないと思いますし、その強みは今後も生かして行かなくてはいけないと思います。

インタラクティブ性の強いライブが増えていく

演出は昔に比べて全体的に派手になってきていますね。機材も良くなってますし、新しい演出をやればやるほど古い演出のコストが下がっていって、そうすると選択肢も広がります。僕個人が非常に好きなのですがDefqon.1のエンドショーは、照明とレーザーと花火が常に音とシンクロして、ひとつのエンターテイメント・ショーを見てるような感じです。



今、僕たちもVRの導入に着手してるところなんですが、コンテンツを作るところからはそう簡単にできないんですよね。規模と予算とが見合わないので。ですが今後は確実にVRや生中継など、インタラクティブ性の高いライブが増えていくと思います。初音ミクだったら世界同時公演もできますからね。例えば、SEKAI NO OWARIさんのあの世界観にVR技術が追いついてくれば、さらにすごいことをやってくれるんじゃないかと思います。

海外アーティスト公演のオープニングアクトを邦楽アーティストが務める意図

洋楽は日本では市場的に海外と比べるとそこまで大きくないですし、動員数を増やすという理由もあるんですが、アーティスト自身が出演を希望しているケースが多いですね。海外進出を狙ってるアーティストがそこをきっかけづくりにする事もありますし、一度洋楽ファンのお客さんの前でパフォーマンスをして、レスポンスを見つつ、どの国を狙っていこうか見極めたりしています。

海外への敷居は昔よりもだいぶ低くなっていますから、邦楽アーティストから海外公演について相談を受けることもあります。BABYMETALを筆頭に市場ができてきたんでしょうね。Crossfaithも日本では今よりずっと小さいキャパでやっている段階から、海外ツアーを視野に入れて、それを実行してやっています。市場ができてきたことでサイクルが回り始めたというか、やっと僕たちが想い描いていた状況になってきたという感じがします。

プロモーターも専業から兼業になっていく

プロモーターに限らず、専業というよりも、様々な機能を持つ包括的なビジネスモデルが増えていくと思います。マネジメントもプロモーションにアンテナをはっていますし、チケットの発券もしようと思ったら多分誰もができる時代なんですよね。

チケット販売を主体にしている業者さんやCD販売の会社がライブ事業を始めたり、マネジメントを始めていますし、レコード会社とか媒体さんとかもマネジメントを始めている状況なので、どのセクションが何をしてもおかしくない時代ですよね。その中でどこに強みがあるかで差別化を図っていくことが必要なんじゃないなと思ってます。



特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第68回 ジョブズの師、知野弘文〜スティーブ・ジョブズ(20) <4/19 更新!>

【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン【後半】インターネットの恩恵を受けたアーテ…

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は 過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は
イベントに関する演出機材やグッズ、各種サービスが一堂に集まる日本最大級の見本市「第4回 ライブ・エン…

1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」 1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」
楽天が2016年8月に提供を開始した定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」。サービス開…

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース 「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース
誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーテ…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像