【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン

株式会社BM 高橋 良 氏

【前半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
株式会社BM 高橋 良
2017年3月17日掲載

ニューヨークで得た「全てを自分たちでやる」スタイルを日本でも実践

僕は元々、高校の途中くらいからクラブDJをやっていたんですが、すぐトラックを作るほうに移行して、20歳のときにお金を貯めて、2002年の1年間ニューヨークに行きました。

当時ニューヨークの知り合いたちは、仲間で部屋を借りて、そこで音楽を録音し、CDも量産したりと、とにかく自分たちでできることをチームでやるみたいな感じだったんです。「これを日本に帰ってすぐにやりたいな」と思って、21歳で帰国して、1年間くらい金を貯めて、板橋区の地下物件にスタジオを作りました。

そのスタジオは最初自分たちだけで使っていたんですけど、「使わせてよ」みたいな話が結構来て、それこそSEEDAくんの『花と雨』のプリプロとかも大体うちで録っていたりしたんですが、スタジオ貸しも始めつつ、ヒップホップのプロデューサーの地位を向上させるために、仲間たちと組合的なプロダクションを作って、SIMONたちとレコーディングばかりの時期に突入したのが20代半ば、2006年くらいです。

当時は何個かメジャー仕事みたいなのをやってみたんですけど、やっぱり「これをやるなら違う仕事をしたい」と思って。それ以外の仕事で結構稼いでいましたし、「大手レーベルに合わせて作る」みたいなのが自分の中ですごくストレスで、そういった仕事には早いうちに見切りをつけちゃいました。

「メジャーに本格的なヒップホップが食い込んでいけないな」みたいな。それなりにやっていたんですけど、ちょっと違うことがやりたくてSIMONと制作が分かれることになり、当時“しゃべるDJ”っていうのがアメリカにいて、それを日本でやっていたDJ TY-KOHと一緒にやるようになり、SIMONも絡めて何個かミックステープを出します。

DJ TY-KOH feat. SIMON『Tequila, Gin Or Henny』がHOT 97で流れる快挙を達成

その後、DJ TY-KOH feat. SIMONとして『Tequila, Gin Or Henny』という曲を出しました。これは「ビートジャック」という既存音源のインストを使った替え歌みたいな曲なんですが、当時「日本でまだやっていないからやろう」と、ロイド・バンクスの『Beamer, Benz, or Bentley』を『Tequila, Gin Or Henny』と車じゃなくてお酒をタイトルにして曲を作ったんです。そして、HOT 97のDJのKast Oneが来日したときに曲を渡したら、その曲がHOT 97で掛かったんです。

それが日本人のヒップホップで初めて流れた曲で、今自分がしている活動よりはバズが小さかったんですけど、日本のヒップホップの中では、「HOT 97で流れたぞ!」ってすごく話題になりました。もうそこから『Tequila, Gin Or Hennyミックステープ』っていうのを1カ月半くらいですぐ作って、「これでツアーしよう!」と。

その頃、アメリカの動きをチェックしていると、みんな音源を出して、ツアーをやっていたんですよ。そのときは理由がわからなかったんですが、フィジカルの音源が売れなくなって、ダウンロードが主流になり、身入りが減ってきたから「ツアーで稼ごう」という状況だったんですかね。

それまでは「無料でもなんでもいいからライブでもフェスでも出て、知名度を上げて音源を買ってもらおう」っていう考えだったと思うんですが、もうアメリカは「ライブで稼ぐ」という次の段階に行っていたので「これだ!」と思いました。

僕がSIMONとやっていたときに各地でライブを一緒にやっていたつながりがあったので、ライブハウスに一軒ずつ電話をかけて「ツアーやりませんか?」と持ちかけました。「今アメリカでみんなやっているんですよ」と。結局、全国20カ所くらいでツアーをやりました。

株式会社BM 高橋 良 氏

全てを自分たちで手掛けたPVで世界との繋がりを体感する

『Tequila, Gin Or Henny』はPVも作りました。SIMONと活動していたときですが、やっぱり駆け出しの頃ってPVを撮りたくなるんですよ。僕はPVマニアで、当時からPVを観まくっていて、「映像も音楽もいっぺんに観られるPVが一番かっこいい」と思っていました。

それで映像制作会社にお願いして撮っていたんですけど、「この人のこの曲のPVみたいにやってほしい」ってお願いしても、何かやっぱり違うんですよ。それはそうじゃないですか、やっぱりその人のスタイルじゃないのを「こうやってくれ」って無理やりやってもらっているので。それでも若者の心をヒップホップ化してくれるような監督さんと知り合って、その人なりには考えてくれていたんですけどね。

ただその制作会社の人も、「基本的にお任せで」っていうのが多かったと思うんですよ、当時ヒップホップとかインディーズの世界だと。でも僕は「やりたいことはこれなので、それを形にしてください」とディレクター、プロデューサーみたいな立ち位置でどんどん意見を言っていたので、「なんだコイツ」みたいなことを当時思われていたと思います(笑)。



『Tequila, Gin Or Henny』がHOT 97で流れて「これヤバいぞ、どうしよう」と思って「PVをすぐ作ろう」となったときに、ふと「これ、レーベルと一緒で自分で出来るんじゃないかな?」と思っちゃったんです。ちょうどその頃、キヤノンの5D MarkIIという、動画も作れるデジタル一眼レフカメラの存在を知り合いから聞いて、それを借りて、生まれて初めて自分でPVを撮ってみたんですよ。

今観るとコーデックとかもバラバラなんですが、この「酒が出てきて、女が踊って」という、当時誰もやっていなかったベタな感じを絶対に最初にやりたくて。それで2010年の3月にYouTubeにアップしました。

今から見るとそこまで再生回数が回っていないんですが、当時、1日例えば1000回まわったとか、3000回まわったとかでも、すごいことだったんですよ。コメント欄に何人か外国人も来て、「うわ、世界に届いているぞ!」みたいな、自分ら的にはそんな勘違いもして(笑)。でも、Kast Oneが掛けてくれたっていうのは事実で「アメリカでも評価された」みたいな空気にすごく勇気づけられました。

▼インタビュー後半はこちらから!
【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦


特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第63回 ビジョナリー、ジョブズの誤算〜スティーブ・ジョブズ(15) <3/28 更新!>

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像