第126回 森 雅貴 氏 株式会社LDH 代表取締役副社長

森 雅貴 氏
株式会社LDH 代表取締役副社長
第126回 森 雅貴 氏 株式会社LDH 代表取締役副社長
 今回の「Musicman's RELAY」は、ミュージシャン 佐野健二さんからのご紹介で、株式会社LDH 代表取締役副社長 森雅貴さんのご登場です。サッカーに没頭した学生時代から、一般企業に就職されるも、お父さんの一言をきっかけに双子の弟さんとプロダクションを創業。手探りで仕事をされる中で業界のことを学ばれ、2003年、HIROさんと共に株式会社LDHを設立後はEXILEを筆頭に三代目 J Soul Brothers、E-girlsなど、数多くのアーティストを中心に、社名の由来であ“Love”“Dream”“Happiness”を体現するようなエンターテインメントを展開し、ファンを魅了し続けています。現場の指揮官的役割を担われている森さんに、ご自身のお話から、EXILE一族、LDHの今後までお話を伺いました。
[2014年10月23日 / (株)LDHにて]
プロフィール
森 雅貴(もり・まさたか)
株式会社LDH 代表取締役副社長

26歳でプロダクション株式会社スリーポイントを創業。その後、2003年にHIROと共に株式会社LDHを設立し、EXILEを筆頭に三代目 J Soul Brothers、E-girlsなど、数多くのアーティストを送り出している。

1. サッカーに没頭した学生時代


−−前回ご出演いただきました佐野健二さんと最初に出会われたのはいつ頃ですか?

森:佐野さんのことは“キャプテン”と呼んでいるんですが、EXILEが初めてのアリーナツアーをやる頃にバンドマスターとして参加していただいたことをきっかけに出会いました。キャプテンはバンドの仕事だけじゃなく、LDHの中に入っていただいて、マネジメント的立ち位置で所属アーティストを可愛がってくださっているので、僕もその中の一員として、プライベートでも親しくさせていただいています。

−−キャプテンはお子さんがいらっしゃらないので、EXILEのメンバーが息子みたいだとおっしゃっていました。

森:そうですね。キャプテンは本当に我々のお父さん的存在と言いますか、とても面倒見のいい方で、いつも助けられています。

−−ここからは森さんご自身についてお伺いしたいのですが、ご出身はどちらですか?

森:1971年に杉並区の荻窪で生まれました。

−−どのようなご家庭だったんですか?

森:僕は父が47歳のときに生まれた子供で、父は建設関係のサラリーマンだったんですが、定年後は起業して設計事務所を経営していました。僕たちは親父が自分で商売をやっている姿を見ていたので、子供心に「大きくなったら何か自分でやりたいな」とは思っていたんじゃないかと思います。

−−ご家庭は、音楽業界に縁があったということもなく、ごく一般のご家庭だったんですね?

森:そうですね。特別裕福でもなく普通の家庭でした。

−−双子の弟さんもLDHで働かれていると伺っていますが、弟さんとは一卵性ですか?

森:一卵性です。だから、そっくりですね(笑)。

−−双子で同じ仕事というのは何かメリットがありますか?

森:単純に楽ですね。説明しなくても自分が得意なこと、弟が得意なことがなんとなくわかるので、「じゃあこれはやっておこう」という感じで、いつの間にか役割分担ができています。

−−森さんが副社長で弟さんが専務に就いているんですよね。

森:兄ということで副社長という立場をいただいています(笑)。

−−(笑)。でも、双子は二倍目立ちますよね? 「昨日あそこにいたでしょう?」とか?

森:目立ちますね。知らない方に話しかけられたりとか(笑)、そういうことがしょっちゅうありますね。

−−ちなみに幼い頃から音楽や芸能に興味はあったんですか?

森:子供の頃からテレビを見たり音楽を聴いたりはしていましたが、小学校の頃からずっとサッカーをやっていまして、高校もサッカー推薦で行かせてもらいました。結局、高校では都ベスト8止まりで、全国までは行けませんでした。ちなみに弟もサッカー推薦で同じ高校に通っていました。

−−ちなみにポジションは?

森:今で言うボランチですね。弟はフォワードでした。

−−では、高校時代はサッカーに明け暮れていたと?

森:はい。サッカーが終わった後に渋谷に遊びに行ったりしていましたけど(笑)。

−−いわゆるチーマー世代ですよね。

森:そうですね。僕はケンカとかするタイプじゃなくて、単純に楽しいことがしたくて遊びに行っていましたね。