第134回 湊 剛 氏 元NHKディレクター

湊 剛
元NHKディレクター
元NHKディレクター 湊 剛 氏
 今回の「Musicman's RELAY」はFM COCOLO/FM 802古賀正恭さんからのご紹介で、元NHKディレクターの湊 剛さんのご登場です。70〜80年代に若い世代に絶大な影響力を与えた「若いこだま」「みんなのうた」「サウンドストリート」「YOU」。また近年は佐野元春さんの「ソングライターズ」など、NHK・NHK-FMの数多くの名番組を手掛けられた湊剛さんに、NHK時代の自由奔放な番組作りから、日本の音楽の現状まで話を伺いました。
(インタビュアー:Musicman発行人 屋代卓也/山浦正彦)
プロフィール
湊 剛(みなと・たけし)
元NHKディレクター

1944年(昭和19年)生まれ。
1965年にNHKに入局。「みんなの歌」「ヤングミュージックショー」「若い広場」「若いこだま」「サウンドストリート」「YOU」など数々の音楽番組を手がけた。
近年は佐野元春の「ソングライターズ」も手がけている。

1. 内気な子を目立ちたがり屋に変えたエルビス・プレスリーの衝撃


−− 前回ご登場いただいたFM COCOLO/FM 802の古賀正恭さんとはどのようなご関係なのでしょうか?

湊:昔、NHK-FM「サウンドストリート」という番組があったんですが、DJに音楽評論家を誰か1人入れようと、平山雄一君を起用しまして、彼のアシスタントとして古賀君がずっとついていたんですね。彼も音楽が大好きなので、意見が合いました。その後、僕は上司を殴って大阪へ転勤にさせられたんですね(笑)。

−− (笑)。

湊:大阪へ飛ばされると決まったときに「もうNHK辞めようかな」と思ったんですが、3年間大阪で毎日遊んでいても良いと言われたので(笑)、「ラッキー」と思ってね。それで大阪に行った頃にFM802が始まって、栗花落(光)ちゃんや大阪に戻っていた古賀くんたちとの付き合いも始まり、それ以来、仲良くやっています。あと福岡風太は「春一番」から良く知っていますしね。

−− このリレーインタビューは福岡さんから古賀さんに繋がって、今回、湊さんに辿り着きました。

湊:風太とは長いですからね。僕は東京人の中では珍しく、大阪で気の合う人が多かったですね。大阪ってどっちかと言うと個人主義じゃないですか? だから東京の人はみんな嫌になって帰ってきちゃうんですけど、僕は非常に気が合いましたね。

−− 今も大阪にはよくいらっしゃるんですか?

湊:最近はあまり行かないですね。電話が来たり、向こうが東京へ来たり、あと「春一番」へ行ったり、そのくらいですね。

−− ここからは湊さんご自身のお話を伺いたいのですが、お生まれはどちらですか?

湊:新宿です。僕は昭和19年生まれなんですが、終戦の間際だから、うちの親父は「戦争に行かなくて済むかな?」と思っていたら赤紙がきて、終戦の年の6月か7月に出征したんですよ。

−− そんなギリギリに戦地へ赴かれたんですか・・・。

湊:ツイてなかったと言えば、ツイてなかった。僕はまだ乳飲み子で東京駅までお袋にだっこされて親父を見送ったそうです。それで8月の下旬に戦友が来て、一緒にフィリピン海溝を移動中に魚雷が命中して、その戦友は泳げないので、船の切れ端かなんかに掴まって助かったんだけど、親父は泳ぎが達者だったらしく、泳いでいっちゃってどこいったかわからないと。そんなことで、母は二十歳で僕を産んで未亡人になってしまったんです。

−− 泳げることがアダになってしまったんですね。

湊:そうですね。母方のおじいさんは新宿の戸山高校で英語の先生をやっていたので、英語が達者で、学校を辞めた後は自分で貿易商をやって、海外と交流していたんですね。お袋もその血を引いているのか英語が達者だったので、戦後おじいさんのツテでNHKの交換台で働きだして家族を養ったんです。その影響もあって、小さい頃から映画は、例えば『グレン・ミラー物語』『ベニー・グッドマン物語』『5つの銅貨』とかフレッド・アステアのミュージカルとか、洋画しか観た覚えがないんです。音楽もラジオから流れてくる『テネシーワルツ』だったり、物心ついたときから英語の曲しか聴いた覚えがないんですよね。

−− 音楽ではどんなアーティストが好きでしたか?

湊:やはり1956年のエルビスとの出会いが大きかったです。僕は登校拒否児で、「学校に行きたくない」と毎日駄々をこねて、お袋に一緒に学校へ来てもらったり、今からは想像できない内気な子だったんです。でも、56年の『ハートブレイク・ホテル』を聴いたときに、背筋がザーっとなったんですよね。

−− 衝撃的だった?

湊:そう。それから急に人間が変わったように目立ちたがり屋になって、中学に入ったら机の上に乗って箒をギター代わりに一人で歌ったり、絵に描いたようなエルビスファンになっていました。『ブルーハワイ』のとき、エルヴィスは白いパンツを穿いていたので、お袋に「トレパンで同じのを作ってくれ!」と言ったりね。お袋は裁縫がすごく上手かったんですよね。僕は不良だったから学ランのボタンとかも一個多く作ってくれとか、お袋を抱き込んでね。

−− 同級生はみんなそういう格好をしていたんですか?

湊:いや、そういうものを着ることに対してビビっていましたね。高校3年のときにようやく音楽仲間ができて、僕はギター&ボーカルができたから、みんなに練習させて、謝恩会みたいな会があるとコピーしていました。

−− やはりエルビスというのは衝撃的な存在だったんですね。

湊:衝撃でしたね。死んだときショックを受けたのは、エルビスとケネディとジョン・レノンですね。エルビスが死んだときに「嗚呼そうか、俺のアイドルはいなくなったんだ。俺がアイドルになろう」と決めてね(笑)。30才くらいのときですね。

−− 今、ジョン・レノンの名前が出ましたが、ビートルズもお好きだったんですか?

湊:もちろん。私はプレスリーからビートルズに転向したときに、「裏切り者」って言われたんですよ。

−− 好きなアーティストが変わるって「転向」というイメージだったんですか?

湊:昔って1回好きになったら、あまり変わらなかったじゃないですか。今の人はみんなダウンロードで、あれも好き、これも好き、とバラバラになっちゃうけど。当時は1回好きになったらなかなか変わらない。一生好き、みたいなファンもついたりするじゃないですか(笑)。エルビス・プレスリーには官能という感覚を教えてもらったんですよ。彼は元々ゴスペルやカントリーを歌っていたけれど『ハートブレイク・ホテル』でロック歌手になった。アメリカでは下半身を映さなかったじゃないですか。あまりにもセクシャリティが強くて。

−− 腰をクネクネさせて、いやらしすぎると。

湊:そうそう。不良性もあって「すげー格好良いなあ」と。でも、ビートルズが出て来たときにはやはり歌詞にやられたんですよね。最初は分からなかったですけど、その後、訳詞を読んで。歌詞とあのサウンド感がものすごく新しかったですね。