第146回 中川 悠介 氏 アソビシステム株式会社 代表取締役社長

中川 悠介
アソビシステム株式会社 代表取締役社長
中川 悠介 氏 アソビシステム株式会社 代表取締役社長
 今回の「Musicman's RELAY」は株式会社エンジン 谷口和弘さんからのご紹介で、アソビシステム株式会社 代表取締役社長 中川悠介さんのご登場です。学生時代からイベント運営に携わった中川さんは2007年にアソビシステム設立後、原宿を拠点にファッション・音楽・ライフスタイルといった「HARAJUKU CULTURE」を国内外に発信。原宿のアイコン=きゃりーぱみゅぱみゅを中田ヤスタカらとともにアーティストデビューさせ、ワールドツアーを成功に導きました。現在も自主イベント『HARAJUKU KAWAii!!』など、“アソビシステムらしさ”を存分に発揮される中川さんにじっくりお話を伺いました。
2017年6月19日 掲載
(インタビュアー:Musicman発行人 屋代卓也/山浦正彦)
プロフィール
中川 悠介(なかがわ・ゆうすけ)
アソビシステム株式会社 代表取締役社長

1981年、東京生まれ。
イベント運営を経て、07年にアソビシステムを設立。「青文字系カルチャー」の生みの親であり、原宿を拠点に地域と密着しながら、ファッション・音楽・ライフスタイルといった、原宿の街が生み出す“HARAJUKU CULTURE”を、国内はもとより世界に向けて発信し続けている。自主イベント『HARAJUKU KAWAii!!』を2011年〜全国各地で開催し、近年は、KAWAIIのアイコン・きゃりーぱみゅぱみゅのワールドツアーを成功させた。新プロジェクト「もしもしにっぽん」を発表し、日本のポップカルチャーを世界へ向け発信すると同時に、国内におけるインバウンド施策も精力的に行っている。

1. 和光という自由な環境で育った少年時代


−− 前回ご登場頂いた株式会社エンジン 代表の谷口和弘さんとはどのようなきっかけで知り合われたんですか?

中川:最初は歯医者さんに紹介してもらったんですよ。

−− 歯医者さん、ですか?

中川:共通の歯医者さんの知り合いがいて、その人主催の飲み会でお会いしたのが初めてですね。もちろん谷口さんのお名前は以前から存じ上げていました。谷口さんって「めっちゃ爽やかな人」というイメージですよね。

−− 背が高いしカッコイイですよね。

中川:「もっとギラギラしているのかな?」と思ったら、すごく爽やかな人で話しやすかったので色々な話をしました。

−− お仕事というよりプライベートのお付き合いの方が多いですか?

中川:そうですね。もちろんナオト・インティライミさんのライブで一緒だったり、フェスとか色々な場所でお会いすることは多いですけどね。最初はそういう感じでしたね。

−− サッカーで繋がったというわけでもないですよね?

中川:そうですね。みんなサッカーですもんね。サッカーできないと駄目なのかなと思うようなときもあります(笑)。僕はサッカーできないですから。

−− これからは仕事上でもっと接点が生まれたらいいですよね。

中川:そうですね。作っていきたいですね。

−− ここからは中川さんご自身のことをお聞きしたいんですが、お生まれが世田谷区世田谷だそうですね。どのようなご家庭だったんですか。

中川:家では母親が英語教室をやっていて。僕は英語喋れないですけど(笑)。親父は飛行機のパイロットだったんですが、自分が小さい頃に両親は離婚しちゃったんですよね。ただ、小さい頃はたまに飛行機にタダで乗れたりしていましたね。

−− お母さんは英語の先生ですし、インテリなご一家ですね。

中川:と思いつつそうでもないんですよね。そんな意識ないです(笑)。

−− ご兄弟は?

中川:弟がいます。うちの会社にいるんですけど。

−− 中川さんはどんな少年だったんですか?

中川:僕は幼稚園から中学まで、和光というとても自由な学校に通っていたんですよ。

−− 宿題がない、成績表がない学校ですよね。

中川:教科書もないです。本当に自由でしたね。僕は人生で給食って食べたことないんですよ。あと制服もなかったですし、和光ってラジオ体操もしないんですよね。だからラジオ体操ってものを知らなくて、都立高校の入学式で怒られたり(笑)、そのくらいちょっと常識がないというか自由な感じでした。

−− 和光出身のミュージシャンも多いですよね。

中川:そうですね。OKAMOTO'SとかTHE BAWDIESとかそうですし、デザイナーも多いです。それで中学は小田急線の鶴川まで通っていて、中学生にしては遅い帰り時間でしたから、ほとんど家にいなかったですね。年が離れていた弟とは全然遊ばず、ほぼ学校の友達と過ごしていました。

−− 部活動はされていたんですか?

中川:中学は卓球部でした…って言うのも初めてくらいなんですけど、卓球部やりながら、ギターとかバンドの真似事をやっていました。

−− そこまで本気でのめり込んでいるわけでもなく。

中川:全然。ただ中学校の卒業ライブとかみんなでやりましたね。向ヶ丘遊園の小さいライブハウスを借りて。