SPECIAL REPORT & INTERVIEW

出展社・規模ともに大幅拡大、新たに6ゾーンが追加
「第3回ライブ&イベント産業展」が7月6日より開催
Sponsored

「第3回ライブ&イベント産業展」岡部 憲士さん 近藤 純一さん
リードエグジビションジャパン株式会社
ライブ&イベント産業展 取締役 統括事務局長
岡部 憲士(写真左)
リードエグジビションジャパン株式会社
ライブ&イベント産業展 営業責任者
近藤 純一(写真右)

 クリエイターEXPO、日本ものづくりワールドなど年間で140以上もの展示会を開催しているリードエグジビションジャパン株式会社が主催する「第3回ライブ&イベント産業展」。ステージ上の演出面からグッズ販売、集客までライブ、イベント産業に関わる全ての機器やサービスを展示する同産業展は毎年規模を拡大し続け、今年で3回目を迎える。

 今年は新しく6つのゾーンが追加され、前年度から出展企業も150社増加した。多様化が進むライブ業界・イベント業界からも高い注目を集めている。国内最大規模の国際見本市主催会社として、リードエグジビションジャパン株式会社が同産業展にかける思い、今後の展望などを伺った。

2016年6月27日掲載

業界からの注目の高さを裏付けるように毎年拡大を続ける「ライブ&イベント産業展」

—— 今年で開催3回目とのことですが、改めて「ライブ&イベント産業展」を立ち上げた背景について教えてください。

岡部:まずは今までCD販売を軸に活動してきた音楽業界が、ライブやコンサートに活路を見出して注力していこうとシフトしてきているという現状があります。それを裏付けるように、実際ここ数年でライブやコンサートの開催本数が非常に多くなってきています。また、音楽業界だけでなく一般企業もイベントを開いて、製品やサービスなどのPRを行ったり、地方自治体も人を集めて地元を活性化させるためにイベントを開くというケースが増えてきています。世の中のあらゆる場面でイベントに対するニーズが高まってきているのを実感したのが一つ目の理由です。二つ目は、そうしたニーズが高まる中でイベント自体が多種多様化してきています。そうするとイベントの主催者の中から「イベントを開いてみたいけれどもやり方がわからない」ですとか、「イベントで新しい取り組みをやってみたい」といった意見も出てくるようになりました。その一方で、イベント業界で使われるような最新機器や技術を持っている企業さんの中から「うちにはこんな最新の機器がある。これをイベントに使ってもらえないか」といった声も上がってきました。ライブ、イベントを開くにあたっていろいろなことを提案して欲しい人たちと、提案できる人たちが一堂に集まることができる見本市があれば、双方にとって役立つものになるのではないかと思い、第1回目を開催いたしました。

—— 過去の開催の反響はいかがでしたか?

岡部:業界の方々にヒアリングをしてみたら、「まさにこんな展示会が欲しかった」という意見を非常に多くいただきました。今までは同産業展のような国際的な見本市というのはほぼありませんでした。ライブ・イベント産業全体を網羅した総合展としては初めてのものでしたし、業界の方々に非常に喜んでいただけました。昨年度のもので特に反響が大きかったものは、アソビシステム株式会社社長の中川悠介さんの基調講演でしょうか。きゃりーぱみゅぱみゅさんのお話を中心に、総合演出ですとか会社の展開のお話をされていたので、音楽業界の方にとっては「なるほどな」と参考になる部分が多かったのだと思います。