SPECIAL REPORT & INTERVIEW

「キーワードは『等身大』」(田邊氏)
「シアター型VRを野外やスタンディングで」(棟廣氏)
【THE VR PARADE】NHKエンタープライズ田邊浩介氏 ×ヒップランドミュージックコーポレーション棟廣敏男氏 トークセッション

【THE VR PARADE】NHKエンタープライズ田邊浩介氏 ×ヒップランドミュージックコーポレーション棟廣敏男氏 トークセッション
左から:ParadeAll 鈴木貴歩氏、NHKエンタープライズ 田邊浩介氏、ヒップランドミュージック 棟廣敏男氏
7月28日に開催された「THE VR PARADE」にて、「Aoi -碧- サカナクション」を“8K:VR”で制作したNHKエンタープライズ田邊浩介氏と、映像と音楽による新しい表現を追求したイベント「VRDG+H」を手がけるヒップランドミュージックコーポレーション棟廣敏男氏のトークセッションが行われた。全く新しいVR×音楽体験はどのようにして作られたのか、その裏側を語った。
2016年8月2日掲載

サカナクション「Aoi」を8K:VRで表現

田邊:NHKエンタープライズの田邊です。よろしくお願いします。今日のセッションは「VRと体験型エンタテインメント」ということで、私たちが取り組んでいる8K:VRについて、ご紹介させていただきます。

8K:VRとは、聞き慣れない方もいらっしゃると思いますが、昨年11月12日・13日に初めて渋谷ヒカリエで上演しました。NHKエンタープライズと、NHKメディアテクノロジーの2社による共同制作で、サカナクションの「Aoi」という楽曲を、8K:VRで表現した作品です。

—— 「Aoi -碧- サカナクション」は特別なセッティングのエンタテイメントですよね。

田邊:なかなか言葉では伝えづらいのですが、250インチのスクリーンに8Kの3D映像を投射し、オープニングでは、等身大のサカナクションのメンバーがホログラムのように出現します。スクリーン手前にあるステージの上にレーザー照明でサークルが描かれ、その中からメンバーが現れるような演出です。立体音響は、22.2chサラウンドシステムを使っていまして、まさにライブ会場にいるかのような体験ができると思います。

「THE VR PARADE」開催、エンタテインメントxVRキーパーソンが登壇
—— 私も体験させてもらったんですが、臨場感が凄くて圧倒されました。ちなみにこれは将来的に一般公開される予定はあるんでしょうか?

田邊:年内に一般公開できる予定で、ただいま準備を進めています。時期が来たらお知らせしたいと思っています。

いま、映像でご紹介した8K:VRシアターですが、HMDがなくても、高精細な立体映像と立体音響を組み合わせたシアターでVR的な体験ができるのではないか?と私たちは考えています。具体的には、映像については、8Kの3D映像、音響は22.2chサラウンドによる立体音響、加えてレーザー照明による空間演出を導入しました。これが、「シアター型VR」の提案です。

8K映像について、簡単に映像でご紹介します。8Kで「NHKスーパーハイビジョン試験放送」が8月1日から始まりますが、その8K放送用カメラで撮影し、3D映像に組み合わせたものが8K3Dです。8Kの解像度はフルHDの16倍、フレームレートは60Pで、これも倍。3Dになると、右眼と左眼の映像が必要なので、更に倍。掛け合わせるとフルHDの64倍の情報量があります。

立体音響については22.2chサラウンドですが、これもスーパーハイビジョン放送で採用された規格です。5.1chサラウンドでは、水平方向だけにスピーカーを配置していますが、22.2chの場合は上下にも配置し、高さを使った音の表現ができることが特徴です。

「THE VR PARADE」開催、エンタテインメントxVRキーパーソンが登壇
昨年11月にヒカリエで初上演した後、今年3月にオースティンで開催された「SXSW2016」の「VR/AR Track」というプログラムに出展し、3日間で1,500名の方に8K:VRを体験してもらいました。

SXSWでの具体的な上映環境ですが、8Kプロジェクター2台とUDRという再生機を日本から持ち込み、スクリーン、スピーカーは現地でレンタルしました。これが実際の会場の様子ですが、スクリーンは250インチ、スピーカーは部屋を取り囲むように配置し、天井にもスピーカーがあります。8Kプロジェクターは後方から2台で立体投射しています。

今年は「VR元年」と言われているように、「SXSW2016」でも多くのVRコンテンツが出展されていましたが、そのほとんどがHMDを使ったタイプでした。その中で私たちの「シアター型VR」に、どのような反響があるのか不安も感じていたんですが、かなり評価は高かったと感じております。

その際に、「HMDを使わないのがうれしい」という意見を多く聞きました。特に女性の方は、メイクやヘアスタイルを気にされるので、HMD装着に違和感があります。あと小さなお子さんも使えないので、3DメガネだけでVR体験できるのは面白いアプローチだと。もう一つは、VRによる驚きや感動の体験を、家族や友人、親しい人と一緒に「共有」できるのが素晴らしいという評価をいただきました。

—— VRにとって、驚きや体験をどうやって共有するかということが課題だったりしますが、こういったシアター型VRだといいですよね。

田邊:そうですね。そのような評価をすごく得られまして、これからもシアター型VRを展開できればなと思ってます。