カジュアルVRとマネタイズ戦略で「半歩先を行くコンテンツ」を提供
【THE VR PARADE】SHOWROOM株式会社 代表取締役社長 前田裕二氏 トークセッション

男女で大きく異なる目線を可視化、ヒートマップでユーザーの視覚を分析

—— VRを配信するときはどんなカメラを使っているんですか。

前田:THETA SとGoProがほとんどです。先ほどカジュアルVRと申し上げたんですけども、将来的には視聴者だけじゃなくて、配信者にとってもカジュアルに配信できるサービス目指しています。SHOWROOMにはかなり多くの演者さんがいて、その人たちが気軽にVRで配信できるように環境を整えていきたいですね。よくVRでスポーツを配信したらいいんじゃないか、みたいなことに発想がいきがちなんですけど、ちゃんとビジネスにしていくとか、ユーザーにとって見てて飽きないドキドキするコンテンツを作るという観点でいくと、カメラと演者の距離感がかなり重要な要素だと我々は思っています。

—— 相性はいいですよね。先ほどライブの話もあったんですけど、やっぱりステージ上の演出との兼ね合いでカメラをそんなに近くに置けない。

前田:仰る通りです。近すぎてもダメだし、遠すぎてもダメ。絶妙なバランス地点を探らないといけないのです。

次に、開発上こだわった2つ目のポイントですが、これも繰り返しになっちゃうんですけど、コメントレーダーとか、ギフトレーダーで、リアルタイムに盛り上がってる場所を可視化することで、ユーザーの行動を促したりすることができるんじゃないかと思ってます。

そして3つ目に、ノーマルとゴーグル、2つのモードをかなりシームレスに移行することができるというポイントです。やっぱりユーザーの行動を見ているとノーマルモードで視聴するひとが大半で、わざわざハコスコやカードボードを使ってゴーグルで観る人は、一般人よりはもっとギーク寄りな、IT系の方々に限定される印象です。

—— 現時点ではってことですね。

前田:もちろん、現時点では、ですね。そういう意味で我々も数年先にはVRの世界が広がって、みんながHMDをしてコンテンツを楽しむ世の中が来るだろうと思ってるんですけど、現時点ではデバイスの価格やコンテンツクオリティなど様々な制約があって難しい。僕らはあくまで、VRの魅力を伝えるために、とにかくハードルを下げるということでカジュアルVRを提唱しています。

その他、SHOWROOM VRの最新の取り組みをご紹介します。まず、最近映像だけでなく、サウンドに意識を向けています。ダミーヘッドマイク使って、例えば後ろの方からアイドルの声がするとか、リッチコンテンツも作れるんじゃないかなと思ってます。

あと、これは次のバージョンから入るヒートマップで、ユーザーの視点移動を検出して、一番見られてるポイントが赤くなります。ユーザーの視点移動をリアルタイムにコンテンツ側にフィードバックできるので、例えばアイドルグループ5人で配信していて、一番ユーザーに見られてない人が罰ゲーム、とかも出来ますね。

「THE VR PARADE」開催、エンタテインメントxVRキーパーソンが登壇
あとは、僕自身が演者でパフォーマンスをしてたということもあって、どうやったらファンが増えるかとか、エンゲージメントが上がるかとか、そのノウハウを事務所の方々にお伝えして、いわゆる配信のPDCAを回していってるんです。

例えば、一つ面白いデータをご紹介すると、男性ユーザーと女性ユーザーでは、ヒートマップの傾向が全く異なります。結論を言うと、要は男性は浮気性であるということなんですけど、女性ユーザーは、とにかく自分が好きな演者さんをずっと見ている一方で、男性ユーザーは、あちこち赤くなってるというか、まあいろんなところを見ています(笑)。

—— 落ち着きがない、みたいな。

前田:いろいろ理由はあると思うんですけど、こういう傾向もビッグデータ化して、企業向けのビジネスに展開できる可能性もありますね。