「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た新時代音楽ビジネスの可能性
ニューミドルマン座談会 弁護士 齋藤貴弘氏 × 「Festival Junkie」津田昌太朗氏 × バグ・コーポレーション 山口哲一氏
Sponsored

オリンピック、インバウンド、音楽・エンタメの街としての「東京」の未来イメージ

山口:東京オリンピックというビックイベントを控えて、訪日外国人向けビジネス、インバウンドがキーワードになっていますが、エンタメとインバウンドの関係性について教えて下さい。

齋藤:風営法改正にとっても、インバウンドという言葉はとても重要でした。日本のクラブの海外に比べクオリティは高いし、コンテンツも人気です。日本に来てもらうための訴求力という点でも、リピーターになってもらうための日本での体験価値という点でも、ナイトシーンやライブエンターテインメントは外せません先日アムステルダムで夜の市長(ナイトメイヤー)サミットというのがあり、参加してきたのですが、そこでもナイトシーン推進のために重要なのは、アクセスとインフォメーションだと言われていました。特にインバウンドをみた際、日本は外国語でのイベントや店舗情報が圧倒的に足らず、またチケット販売も不便ですよね。

津田:フジロックなんかは、チケットを海外から買えるようになっていて、まだ便利さは足りないかもしれないですけれど、外国人は増えていますね。

山口:アジアの人で日本のロックフェス行きたい人多いよね。僕もずいぶん、チケット頼まれました。インバウンドという視点は、コンサートだと3つポイントがあります。外国語の情報と海外でのチケット購入、要するに決済だよね。それと気になるのが運営なんだよね。日本人って世界的に見て、異常にマナーが良い国民性じゃない?これから外国人が増えた時に、どうやって伝えていくのかって。心配なんだけれど。

津田:ところが、日本に来ている外国人は、勝手にマナーが良くなっていく人が多い気がします。フジロックもサマーソニックも外国人、とくにアジア人が増えましたけれど、みんなマナーが良いんですよ。こないだ外国人が現地でレンタルしたテントをものすごい丁寧に畳んでいる姿を見て、海外フェスではあまり見ない光景だなって思いました。

山口:へー、いい話だね。ちゃんとトイレも並ぶし、ゴミも分別するんだ?

津田:そうなんです。フジロックに限らず、他の日本のフェスでも外国人のマナーは良い。朱に交われば赤くなる、日本に来ている外国人はマナー良くなるんだなと思うようになりました。海外フェスで色んな現場をみてきているので(笑) あと、以前は、ファッションとかで韓国人、中国人、台湾人って割とすぐわかったけれど、最近はファッションを見ていても日本人と区別がつかない観客も増えた気がします。スナップとかで声かけてみて、日本人じゃないと分かる。

山口:なるほど。面白いね。みんなフジロッカーぽくなりたいんだね。

津田: 日本が牽引しているマナーってあると思います。それがアジアに輸出されたら最高ですね。

山口:とても良い話です。フジロックって、運営側とユーザーに「共犯意識」があって、「来年から無くなると困るからちゃんとしよう」というカルチャーがあると思うんだけれど、その共犯意識が外国人にも広がったんだね。

津田:海外フェスでたまに人目をはばからず用を足したり、ポイ捨てするとかがほとんどない。空気感で伝わるみたいですよ。

山口:外国人の増え方が、ちょうど良い感じの増え方なのかもね。

訪日外国人からの東京の感想は?

山口:海外から観た東京のイメージはどう?

津田:深夜でもお酒買えていいな。お店もやってるし。

齋藤:そうですね。実は海外の方が規制は厳しい。日本だけが「ノーダンス」みたいにいう人がいますが、そんなことはありません東京の魅力という点だと、他にライブやクラブを含めコンテンツ量も多く、多様です。そして、いちいちクオリティが高いのも日本らしさだと思います

それから、先ほどのナイトメイヤーサミットでも色々な人に言われましたが、法律を変えた熱さは凄いことだと言われますね。海外でも規制が強まっている流れがあるのに、日本では逆行できたという評価です。

津田:海外に比べれば、日本はボディチェックがクラブもフェスも緩いですね。健全な外国人にとっては、東京は遊びやすい街ですね。

2020年東京五輪に期待することは?

山口:2020年のオリンピック、パラリピックについては、何を期待しますか?

津田:五輪はフェスよりクラブが貢献するのかなと思います。ただ、例年通りだとフジロック、ロッキン、ライジング、サマソニという4大フェスと開催時期が大体重なるので、日本のフェスにも来てくれると嬉しいですね。

齋藤:開会式閉会式できちんと日本の文化を打出して欲しいですね。東京に注目が集まってくるので、どうプレゼンテーションするか、音楽をどう見せるのか?提案していきたいです。

山口:名実ともに東京が観光都市になるのが、2020年なのかもしれないね。フェス時期だというのは気づきませんでした。

津田:海外だとフェス中にW杯の生中継したりするんです。フェスはアンダーグランド、五輪はメジャーとか、そういう区別はやめたほうが良いと思う。ユーザーにとっては楽しめればよいことだと思うので。