SPECIAL REPORT & INTERVIEW

「チケットの高額転売反対の共同声明」を受けて
再び、チケットの転売について考える
コンサート文化について考え直す岐路に立たされている
ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー

ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏
ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長
中西健夫氏

 8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモーターズ協会(以下、ACPC)、コンピュータ・チケッティング協議会の4団体は、116組の国内アーティストと24の国内音楽イベント(9月11日に新たに56組のアーティスト、2つの国内音楽イベントが追加)の賛同を得て、「チケット高額転売取引の防止」を求める、共同声明を発表した。同時にオフィシャルサイトを立ち上げ、SNSで意見を募るなど、業界全体としてこの問題に取り組んでいる。Musicman-NETではチケットの転売について、半年前にACPC会長 中西健夫氏に話を伺ったが、今回の声明を受け、再び中西氏にインタビューを敢行。前回取材から今回の声明発表まで一体何があったのか? 今後の課題とともに話を伺った。
2016年9月26日掲載
PROFILE
中西健夫(なかにし・たけお)
京都府出身。1981年、株式会社ディスクガレージ入社。1993年、同社代表取締役副社長就任。1997年、同社代表取締役社長就任。2012年、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会会長就任。

「チケット転売問題」オフィシャルサイト
一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(ACPC )
ディスクガレージ
チケットの転売ビジネスについて考える
Musicman'sリレーインタビュー

深刻かつ加速度的な高額転売と大量出品

116組のアーティストと24の音楽イベントが初の共同声明を発表—— まず「チケット高額転売取引の防止」を求める共同声明の発表の経緯を伺えますでしょうか?

中西:ACPCと音制連はチケット転売問題について話し合いを重ねていましたが、その間にも異常な高額転売や信じられない数の大量出品の事例が次々と明るみになって、「さすがにこれはマズいだろう」という話がアーティスト・マネージメント含め各所から出てきました。

我々が言ってきたことの深刻さを皆さんに理解して頂き、音制連、ACPCだけでなく、音事協、コンピュータ・チケッティング協議会(ぴあ、イープラス、ローソン、CNプレイガイド)の方々と話し合いを進めるに至りました。そして、共同で声明を出すことになるんですが、その前に「我々の問題もきちんと考えなければいけない」という話になりました。

—— なぜこういう事態になったのか業界側で検証すると。

中西:そうです。まず、リセールのニーズがあることに対して、真摯に受け止めなければならない。転売サイトで一般ユーザーが、例えば、ドームの一列目は10万円、ドームの最後列は1万円という価格を付けている。これはある意味市場原理でしょう。そういうことに対して全くノーなのか、イエスなのか、考えなくてはいけません。それまでライブというのは全席指定が基本で、アーティストもそれがわかっているから2階席の後ろのお客さんにも声をかけたりして、会場の一体感を作ろうとしてきたわけじゃないですか。前、後ろ、別け隔てなく、我々もそのほうが良いと思って値付けをしてきましたし、その代わりにアーティストも会場全体に気を配りながら「Win×Win」の関係を作ってきたと思うんですよ。そういう文化のようなものがどこかで出来上がっていて、我々もそれに甘えていたのかもしれない。

—— 転売サイトの価格など見ると、その文化を変えないといけないかもしれない?

中西:そういう岐路に立っているかもしれない、という問題意識を踏まえて話し合っているのは、例えば「月曜のライブと土曜のライブは値段が同じでいいのか?」というホテル業界の発想です。まだ結論は出ていませんが、音制連、ACPCではそういった論議をしています。チケットの値段が席によって、曜日によって細分化されていく。考えてみたら会場費も曜日によって違うのに、チケット代はなぜか均一なんですよね。ホテル業界は今、インバウンドで、平日と休日では10倍程度違う値段をつけることもあったりします。

—— そして、埋まらない部屋は安くして埋めていくわけですね。

中西:そうです。でも、それは経済原理で言うと正しいことじゃないですか? ただ僕らは部屋を貸しているわけじゃなくて、もっとレアな時間と空間を提供しているので、そんなに激しくは差を付けられないにしても、今後はそういうことも考えなくてはいけないんじゃないかなと思います。

あと、チケットがキャンセルできないという問題に対しても、真摯に向き合わなければなりません。現状、ぴあは独自に、またアーティストのファンクラブではEMTGなどのシステムでリセールをやり始めていますよね。これをもう少し押し上げて、公式の二次流通という形ができないかと思っています。

忙しい人が3カ月前からライブの予定を決められなくて、それで直前に行けることになり、チケットが欲しいと思ったときに「じゃあ転売サイトで買えばいい」と。そんな状況のときに公式の二次流通があれば、フォローアップできますよね。もちろんアーティストによってケースバイケースですが、ライフスタイルが変化している今の世の中で、3カ月前発売というやり方が時代に合っているのかどうか、もっと気楽にライブに行けるやり方がないか考える必要があると思います。逆にライブ一週間前のチケットは高くてもいいかもしれない。そういうフレキシブルな考え方ができないか話し合っている感じですね。

—— 全てをシステムに落とし込めたらいいですよね。

中西:ただ、今は百人百様で、それぞれに合ったシステムを作ることはできないですから、例えば2〜3パターンとかに大きく分けて作って、なるべくそこに寄せようと思っています。大きなパターンが何パターンかあり、それを各アーティストごとにカスタマイズしていくみたいな形でやって行きたいですね。