SPECIAL REPORT & INTERVIEW

「スマホでできることならなんでもできる」単なる入場ツールに終わらない“楽しさ”を提案
DMM.com イベント事業部営業局 局長 中村圭一氏、Live Styles 取締役 飯塚優希氏 インタビュー

DMM.com イベント事業部営業局 局長 中村圭一氏、Live Styles 取締役 飯塚優希氏
株式会社DMM.com イベント事業部営業局 局長
中村 圭一
Live Styles株式会社 取締役
飯塚 優希

 「チケット高額転売防止を求める共同声明」を受けていち早く賛同を表明した、電子チケットサービス「tixee」および電子チケット発券アプリ「tixeebox」を運営する株式会社DMM.comグループのLive Styles株式会社。イベントごとにカスタマイズできる転売防止機能と正規チケットを定価で譲渡できるDMM.com提供の「DMM Passストア」を連携することで、低コストながら汎用性の高いチケットの発券と再販を可能にした。転売防止を軸にしながらも単なる入場ツールに終わらせないユーザー向けの施策も積極的に採用していきたいと語るDMM.com イベント事業部営業局 局長 中村圭一氏、Live Styles 取締役 飯塚優希氏にお話を伺った。

2016年9月29日掲載

転売防止機能と定価リセールで主催者・ユーザー双方のニーズに対応

—— 4団体の共同声明を受けて率直にどのような感想をお持ちでしょうか?

飯塚:我々も基本的には同じスタンスで、不正転売をどう防止できるかを考え取り組んでいます。我々が提供させていただいている「tixeebox(ティクシーボックス)」は、スマートフォンでの電子チケットの発券に特化したアプリですが、チケットの譲渡を制限したり、購入者以外の人がチケットを受け取れないような「転売防止機能」を先日リリースしました。さらに、イベントに行けなくなってしまった時に、二次流通を制限してしまうと空席ができてしまいますが、それを防ぐためにも正規チケットを定価で譲渡できる「DMM Passストア」というサービスをDMMと開始しています。

中村:「tixeebox」は高額な不正転売を抑止できるソリューションで、抑止レベルを主催者様の希望に合わせて高めていくことができます。このように主催者側に目を向けて不正転売を抑止しようという流れできているんですが、行けなくなったお客様を救済する術を「tixeebox」が持っていなかったので、それを解消するプラットフォームとして「DMM Passストア」を提供しています。「高額の不正転売を抑止しなくてはいけない」という流れにはもちろん賛同しているので、チケットの定価自体を変える事なく、行けなかった人が出品し、行きたい人が定価でチケットを購入できるという点にフォーカスを当て、お客様にも主催者様にも負担をかけずに導入していただける仕組みとして、導入を検討される事案が増えてきました。

「DMM Passストア」
—— 転売防止機能として「SMS認証」「受け取り制限」「分配制限」「アプリアカウント不正引継ぎ制限」がありますが、これは主催者がイベントに合わせて選べるようになっているんですね。

飯塚:そうですね。チケットが電話番号に紐づく仕組みになっているので「SMS認証」はまず導入していただきます。次にチケットの譲渡制限として、チケット購入時に登録した電話番号と一致しないとチケットを受け取れません。チケットの分配も、事前に登録した同行者のみ可能であったり、分配自体ができないようにすることもできます。

—— これまでにトラブルは起きていないんでしょうか?

飯塚:大きなトラブルはありません。我々のサービスは画面をなぞるだけでチケットを「もぎる」ことができるので、当日のオペレーションもスムーズにできます。基本的に購入者のデータは、我々の方でも確認できるので、もし何かしらの理由で正常に動かなくても、主催者様がご希望されれば本人確認をして入場していただく事も可能です。

tixeebox「転売対策機能」
—— 転売防止機能はいくつかの電子チケットサービスにも導入されていますが、tixeeboxならではの特徴はありますか?

飯塚:海外にもお届けできるというのをひとつの売りとして展開させていただいております。今までは当日イベント会場に来て、チケットを交換するというオペレーションがありましたが、我々のアプリは海外言語に対応しているので、日本の公演チケットを購入したいお客様がいた場合、海外にいながらにしてチケットを手に入れることができますし、スムーズに入場することができます。

—— 海外での需要はこれからかなり増えていきそうですね。

中村:これから「不正転売NO」という流れの中で、僕らとしても「スマートフォンチケットならコストを掛けずに不正転売を抑止できますよ」ということを、主催者様にお伝えしていかなければならないです。反面、個人的な見解ではありますが、現在まで紙チケットで入場するケースが大半だったということは、紙チケットならではの利点もいくつかあるんですよ。紙チケットを持って会場に行く安心感だったり、存在感だったり。その辺りのバランスといいますか、ユーザーに目を向けた取り組みも考えていかなければいけないと思っています。

—— ユーザー保護の強化とユーザーの自由度のバランスですね。

中村:とはいえ、今では飛行機に乗る時、電車に乗る時、IC端末でささっと入場できてしまうじゃないですか? 切符という概念はだいぶ希薄になっていると思います。「そういえば昔はこうだったよな」ということは、他の業界にもたくさんあると思います。例えば、交通機関や、常設の箱だと、入場に必要な端末を恒久的に設置することができる。でも、常設の箱ではない興行のほうが多い。となると、スマートフォンの中にあるチケットを「もぎる感覚」で入場できればオペレーションも単一で済みますし、端末を設置する必要もないので、そもそもコストがかからない。そういうところに主催者ニーズを見出して展開してきたところがあります。