各社新人開発スタッフが語る“アーティストの才能を見抜くコツ”
SONIC ACADEMY FES 2016「デビューを目指すアーティストのための”オーディション必勝講座”」開催

今、求められているアーティスト像とは?

SONIC ACADEMY FES 2016「デビューを目指すアーティストのためのオーディション必勝講座」
ソニー・ミュージックエンタテインメント 須藤一希氏

ハグ:(笑)。このテーマで話を続けると、エピソードが山ほど出てくると思うんですが、今日はオーディション必勝講座なので次に進みます。続いて「今、求められているアーティスト像は?」というテーマでお話を聞いていきたいと思います。

須藤:アーティストを目指している方でも、音楽以外のもう一味というか、例えば、映像を作れますとか、こんなイラストが描けますとか、そういった音楽以外のクリエイティブな部分を得意とする人に惹かれますね。

冨永:今、須藤さんが仰った通り、僕よりも詳しいことがあったり、こだわりがある人がいいですね。話をしていて勉強になりますし、友達になれるような人がいいなって。音楽に関して言うと、例えばMr.Childrenが好きで似たようなことをやってても、まったく意味がないので「なんでこんなことになっちゃったのかな?」という人を見たいですね。カラオケで歌うにしても例えば中島みゆきさんの『糸』を西野カナみたいに歌ってみるとか、逆に西野カナを中島みゆきみたいに歌っている人がいたら、めっちゃオモロイと思います。

伊東:僕はもう王道、ドンズバで「歌が上手い」ってだけでいいんですよ。歌だけで感動させられるような人に来てもらいたいですね。いまだかつて欧米のポップスの世界で歌をうたってステージに立っている日本人を見てないわけじゃないですか? これからの人たちにはそこを目指してもらいたい。これだけ世界が近くなって、自分でYouTubeに動画を上げてブレイクする時代です。だから技術は磨いてもらいたい。かと言って他のアイドルがダメだとかそういうことではないですよ。

ハグ:色々経た上で王道に戻るんですね。では奥口さん。

SONIC ACADEMY FES 2016「デビューを目指すアーティストのためのオーディション必勝講座」
ビクターエンタテインメント 奥口法子氏

奥口:ライブパフォーマンスに長けている人には惹かれますね。いわゆる「察しが良い」というか、お客さんに何をしてあげたいのか、という「おもてなし」の心を持っていることですね。先日、女王蜂とアルカラの対バンを企画しまして、アルカラが先攻で素晴らしいパフォーマンスをして、その後の女王蜂のアヴちゃんが「全員抱いたるわ!」って言ってステージに出ていった瞬間、「あぁもう…本当に素敵!」って思いましたね。そういうアーティストを見つけたいですね。

ハグ:最終的にはライブだと。ではヤマハの石田さん。

石田:ここ何年もYouTubeや教則本が充実して、どう演奏すればいいのかどう歌えばいいのか、答えがすぐ目の前にある状態だと思います。世の中的に表現として平均点を取るのって、意外と容易い時代なんだなと思ってるんです。その中で「自分は何を表現したいのか」「自分はこれなんだ」っていうものが、たとえ同じコード進行でも絶対に熱量として入ってくるんですよ。そういうものがある人と出会いたいです。

ハグ:ありがとうございます。では加茂さん。

加茂:料理に例えて言うと、どんな難しい料理でもレシピ通りに作れば出来るんです。でも才能っていうのは、新しいレシピを作れることなんですよね。最近の例で言うとBABYMETALですね。

ハグ:「苺大福」理論ですね。

加茂:そう。今までありえなかった食材を混ぜ合わせたときに新しいものが生まれる。そういうことを常に心がけて、思いつく人が成功するんだな、と思います。