「海外公演に向けて、日本アーティストがすべき準備とは」
【13th TIMM】レヴァレント・ムース氏×アソビシステム・中川悠介氏×ZAZA・南部喨炳氏×BBC Radio 3・ニック・ラスコム氏

ローカライズ、コラボレーション、そしてジャンルを跨いだプロモーション

【13th TIMM】「海外公演に向けて、日本アーティストがすべき準備とは」
ムース:お二人ともグローバル戦略として考えたのは、まず自分たちのブランディングをきちんとされたわけですね。

南部:そうですね。ブランディングはきっちり作っていこうと思いました。

ムース:ここでニックに聞きたいんですが、私たち西洋側の観点からすると、ブランディングって重要ですか? 日本人のアーティストということが重要なのか、それとも西洋のアーティストというが重要なのか。

ニック:その音楽がどこから来たかはあまり考えません。音楽が持つ一番重要な要素は、良い音楽かどうかです。例えば、ロンドンのバンドでも、ラジオやメディアやプロモーターに知られるということはすごく難しいわけで、日本から来るバンドはさらに難しい。ですから、こちらに来る前に理解していただきたいのは、どこのバンドだろうと認知してもらうのは容易ではないということです。だからこそ、初期の準備という意味でのブランディングは、もしかしたらすごく重要かもしれません。ただ、私たちは日本で何が起きているかについて、すごく興味を持っていますし、だからこそ何度も日本に来ているんです。

ムース:MWAMは積極的にアメリカでツアーをされていますが、その意義はどこにあると思いますか?

南部:MWAMはヨーロッパやアメリカでツアーをやっていますが、その際に自分たちだけではなくて、土地で人気のあるバンドとツアーを回らせていただいています。なぜかというと、そこのシーンに入り込むというか、各々のシーンでのトーン&マナーがあると思うんですよね。「このアーティストとやるのはカッコいいけど、このアーティストとやるのはカッコ悪い」みたいな。それはそのシーンに精通している人たちでないと分からない事で、MWAMはそのシーンで人気のある人たちと一緒にツアーを回るようにしています。

例えば、Zebraheadです。さいたまスーパーアリーナのMWAMの公演に、Zebraheadをゲストで呼ぶ。そしてZebraheadの名古屋公演、大阪公演を我々がサポートする、と。その代わり、彼らとヨーロッパツアーを2回、一緒に行く機会をいただきました。それってお互いストリートカルチャーに精通し合うような、リスペクトだったり、信頼関係の上に成り立っているんですね。そういったものがあると、Zebraheadとフランスにツアーへ行って、Zebraheadを待っていた子たちにとって、MWAMはすごく説得力のあるように聴こえると思うんですよね。それはアドバンテージであるし、充分な価値があるんじゃないかなと思っています。

ムース:Zebraheadとのツアーはどうやって実現したんですか?

南部:MWAMがLAでソングライティングをしていたんですが、そのときに我々の友人でLA在住の日本人デザイナーがいて「彼はZebraheadと古くからの友人関係で我々のスタジオへZebraheadメンバーを連れてフラッと遊びに来てくれたんです。そこでメンバー同士が意気投合して「ソングライティングしているんなら、俺らとも一曲作ろうよ」と話が飛躍して、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』主題歌の「Out of Control」という曲も生まれました。そして「曲が出来たんだから、日本とヨーロッパでツアーも一緒にやろう」と。ですからZebraheadのケースに関して言うと、アーティスト並びにマネージメントも含めて、完全に個人的な付き合いから発生したものです。

ムース:きゃりーぱみゅぱみゅのように、すごくユニークなアーティストの場合、どのように海外でキャリアを積み上げていったのでしょうか?

中川:きゃりーは、そういったコラボレーションができなかったので、フランスの「ジャパンエキスポ」や、王道のファッション誌とか、色々なジャンルを跨いでプロモーションをしていくことが重要だと思っていました。彼女にはもちろん音楽というバックボーンがあるんですが、そこにファッションを組み合わせることで、海外に出て行きやすくなったんですよね。海外のメディアへのアプローチで、ラジオというのは僕たちにとってやはり難しかったんですが、「日本から来たアイコンが、ファッション誌に出るよ」みたいなことは割とやりやすかったので、そこから攻めていきました。

ムース:アメリカ人の多くは、原宿に注目をしていますし、そうするときゃりーぱみゅぱみゅが影響力を持っているということに繋がっていくと思うんですね。そういった違うコンテクストで、きゃりーぱみゅぱみゅをプレゼンしているという認識はありますか? 日本人の典型的なアイドルとは違った形でプレゼンされていると言いますか。

中川:前提として、きゃりーはアイドルではなくアイコンだと思っていまして、そこのプレゼンテーションはすごくしています。例えば、ケイティ・ペリーやアリアナ・グランデが来日したときに、一緒にインタビューをやったり、メディアに出たりしました。そして、SNS上で繋がってもらうことは、すごく大事だなと思っています。その繋がりから、アリアナ・グランデがきゃりーの誕生日にハッピーバースデー動画を送ってくれたり、ミュージシャンとしてだけではないコミュニケーションもできているのかなと思います。

ムース:日本へのプロモーションをしたい西洋のアーティストと、海外へ出て行きたい日本人アーティストを繋げた?

中川:そうですね。そこは重要だと思っています。日本のマーケットが大きいことは世界の方が理解していると思います。そのマーケットの中で、どうやってお互いのことを利用できるか考えることは、すごく重要なんじゃないかと思っています。