SPECIAL REPORT & INTERVIEW

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催

「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」倉本博史、コーカー ローレン ローズ、柳井功治
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
コーポレートビジネスマーケティンググループマーケティングオフィス
Lauren Rose Kocher / コーカー ローレン ローズ (写真中)
株式会社ソニー・ミュージックパブリッシング
シンクロ・ライセンス部シンクロ課 兼 インターナショナル部
倉本 博史 (写真左)
株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
マーチャンダイジングカンパニーマーケティング部企画課 兼 プランニング営業部
柳井 功治 (写真右)

 ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT(以下、TDME)」が、12月1日(木)から3日(土)の3日間、東京・渋谷の5会場にて同時開催される。

「カンファレンス(国際会議)」、「セッションズ(音楽制作)」、「ライブ(音楽パフォーマンス)」という3種類のプログラムで構成されるこのイベントでは、DJ/アーティストはもちろんレーベルや各種音楽サービス、メディアの関係者、マーケティングの担当者、プロモーター、クラブオーナーなど、ダンス・ミュージックのビジネスに関わるさまざまな重要人物を世界各国から招聘。テクノやハウス、EDM、ポップスを含む広い意味でのダンス・ミュージックの現状について意見を交換し合い、体験し、理解を深めることで、日本のシーンおよび音楽業界の活性化をめざす新たな試みだ。

今回のインタビューでは、イベントの発起人であるソニー・ミュージックエンタテインメントのコーカー ローレン ローズ氏、ソニー・ミュージックパブリッシングの倉本博史氏、ソニー・ミュージックコミュニケーションズの柳井功治氏に集まっていただき、プロジェクトのコンセプトや目標、今後の展望についてお話を伺った。
(Text by 北野創)

2016年11月21日掲載

日本にもダンス・ミュージックの国際的なカンファレンスを

—— TDMEはどういった経緯で立ち上げられたのでしょうか。

ローレン:もともと海外では、マイアミの「Winter Music Conference」やアムステルダムの「Amsterdam Dance Event(以下、ADE)」といった、ダンス・ミュージックについての大規模なカンファレンスが盛んに行われているのですが、日本ではそれに類するようなイベントがなかったんです。それで、日本のシーンの活性化には国際的なカンファレンスの必要性を感じました。

倉本:ADEではカンファレンスと同時に街のいたるところでライブやパーティーが行われて、もう夢か現実かわからなくなるぐらいの雰囲気なんですよ。行くたびに日本からの来場者も増えていて盛り上がりを感じるのですが、一方で日本のクラブ・シーンは世界に追いついていないと思わされることが多くて。実際にクラブの数も減っている状況のなか、これはどこかでシーンが一体となって議論する場所を作って、いまの世界のトレンドを日本の関係者に知ってほしい、という思いから始まっています。

—— EDMの隆盛もありますし、開催には良いタイミングかもしれませんね。

柳井:日本においてもEDMが世間一般に浸透して、企業からの注目も集まっていますし、おそらくいまがいちばんのビジネスチャンスだと思います。

ローレン:それに2020年の東京オリンピックの前に国際会議を作りたいという思いもあります。

倉本:日本もダンス・ミュージックのシーンは独特の発展を遂げてますし、世界と対等に渡り合えるアーティストも増えていると個人的には感じているんですよ。ただ、それを海外に届けるにはアーティスト個人だと難しい部分もあって、やはりビジネス側の人間がもっと知識を高めて勝負しなくてはならない。そういったイベントの趣旨や意義には、みなさんに共感いただいてます。

「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」フライヤー
—— 今回が初開催となりますが、モデルにされたイベントはありますか?

倉本:やはりADEですね。今回、TDMEでは渋谷区と手を組んで、渋谷区観光協会に後援に入っていただいたり、渋谷区長の長谷部健氏によるウェルカム・スピーチを予定していたり、会場もすべて渋谷に統一しています。やはり渋谷はカルチャーの街ですし、これから街ぐるみでエンタメ性を増やしていきたい部分もあるようなので、いずれはTDMEの開催期間に渋谷の街がダンス・ミュージック一色になれば素敵だなと思っています。