SPECIAL REPORT & INTERVIEW

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix
〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース

Peatix Inc. CEO, 共同創業者 原田 卓氏
Peatix Inc. CEO, 共同創業者 原田 卓氏
Peatix Inc. CEO, 共同創業者
原田 卓
同社日本法人 取締役 営業・マーケティング統括, 共同創業者
藤田 祐司

 誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーティックス」がチケット再販機能をリリースした。これによりイベント主催者による公式再販が可能になり、参加者が行けなくなったチケットを再流通させることでイベントへの参加率を最大化させるだけでなく、再販時のチケット販売価格の上限設定や、利益の再分配などを行うことで、社会問題となっている悪質な転売行為を最小化することを目指している。このチケット再販機能のリリースを記念して、ピーティックスの5年間の成果と海外への展望、そして今後の構想まで、Peatix Inc. CEO, 共同創業者 原田 卓氏と同社日本法人 取締役 営業・マーケティング統括, 共同創業者 藤田 祐司氏に話を伺った。
2016年12月20日掲載

「チケット再販機能」はあくまでも“第一歩”

—— 先日、ピーティックスはチケットの再販機能をリリースされましたが、どういった経緯で導入に至ったのでしょうか?

原田:もともと弊社のサービスは大型興行イベントというより、コミュニティイベントを中心に展開しています。ミートアップだったり、趣味の集まりだったり、様々なんですが、過去5年そういったセグメントに注力してきました。当然、東京ドームや日本武道館のイベントに比べると、1つ1つが小規模なんですが、非常に人気が高いイベントも多く存在していて、そういったイベントはTwitterなどで見ていると「行けなくなったんだけど、チケット欲しい人いますか?」とか「いくらだったら譲りますよ」みたいな投稿が結構見られたんです。ですから、そこに介在する形で取引をスムーズに安心して出来るような機能が必要だろうという想いがずっとありました。

そんな中で音楽業界4団体の「転売NO」キャンペーンが始まり、ネット上でも高額転売が頻繁に話題になり、我々の考えていたソリューションが問題解決の手段になるのでは?と思いました。もちろんすべてを解決出来るとは思っていませんが、1つの解と言いますか「少しでも寄与出来るんじゃないかな」と思い今回発表させていただきました。

Peatix「チケット再販機能」
—— チケットの再販機能を発表された後には、どのような反応がありましたか?

原田:発表した時点で、新聞などにも取り上げられて、想像以上に大きな反響がありました。今のところ「ひとつ新しい形の提案だね」という捉えられ方をされているのかなと思います。それは主に一般ユーザーの意見だと思うんですが、イベントを取り仕切るプロモーターやアーティスト側がどう受け止めたのかは、まだちょっとわからないですね。今後は広くご意見を伺いながら、サービスを検討していただけるかどうかも含めてヒアリングしていきます。

藤田:こういった機能がリリースされますと、ソーシャルメディアではわりと賛否両論と言いますか、「こういう抜け穴があるんじゃないの?」というようなディスカッションが起きるんですが、我々の発表に関しては、基本的に好意的な投稿が多かったと思います。我々は「100%解決するとは思っていない」と宣言している通り、今回は第一歩だと思ってリリースしていますし、なにぶんイタチごっこの様相があるので、そういったスタンスも含めて今のところポジティブに見ていただいているように思います。そういう意味では良いスタートを切れたかなと感じています。

関連記事:Peatixがチケット再販機能をリリース、主催者による公式再販が可能に

—— 色々な要望に対して柔軟なスタンスで応えることが出来るということですよね。

原田:我々は小さなベンチャーなので、しがらみもないですし、もともと作ってきたビジネスは先ほど述べたコミュニティイベントを中心としたロングテールが対象です。ポイントとしては「色々な選択肢を提供する」ということが強いメッセージになっていると思うんですが、それに対して賛同の声が多く聞かれたかなと思います。

—— 他社さんが大きなイベントにコミットする事を前提としている中で、ピーティックスはユーザーに近い立場でサービスを展開されているので、ネガティブな意見が少なかったのかもしれませんね。

原田:我々は「コミュニティを作りたい」と熱い想いを持って、草の根の活動をしている方たちとの仕事が多くて、そういう方々と真正面から向き合って、大小様々な問題解決をしてきたので、小さなベンチャーとしてユーザー視線の見方ができる下地があると自負しています。

—— それとフットワークの軽さもピーティックスの魅力ですよね。

原田:その点はもう(笑)。経験豊富なプロモーターやアーティストもいらっしゃいましたが、お客様の多くはイベントの開催の仕方自体わからないような方々だったので、本当に色んな悩みが持ち込まれるんですよね。「どうやって人を集めるか」とか「お金の管理」とか「どういうタイミングでどういう告知をするか」とか。我々のサービスは、ただ単にチケットを売るだけではないので、他のサービスとアプローチがぜんぜん違うんですよね。

—— その時点で住み分けが出来ていますよね。

原田:そうですね。だからロングテールの、すごく足腰の強いビジネスが作れていて、そこがベースにあるからこそ考えられる事もあるんじゃないかなと思います。

—— そういったベースを持った上で、今回チケットの再販機能を実装されたわけですが、どういったこだわりがあるのでしょうか?

原田:細かいところで言いますと、今回打ち出している再販機能のポイントは、主催者が価格の上限を設定することが出来るという点です。もちろん定価でしか販売出来ないという設定も出来ます。例えば1万円のチケットだったら3万円までならOKとか、青天井にするとか、自由に設定出来ます。主催者ごとに色々な考えをお持ちだと思うので、そこを自由に設定出来るというのが一つのポイントですね。二つ目は、定価以上の再販で利益が発生した場合、その利益の一部を主催者に還元するというのが特徴です。

もちろん「こういう考え方でやりますよ」ということをファンの皆さんにアナウンスする必要があるかもしれないですが、そこでしっかりとしたポリシーを打ち出せば、ファンの方々にも理解いただけるんじゃないかなと思います。何度も繰り返しますが、アーティスト、事務所、それぞれ考え方が違うと思いますし、我々が「これが正しいんだ」という考えを押し付けるのも問題があると思いますので、そこは柔軟に使っていただきたいと思います。

Peatix「チケット再販機能」
藤田:色々な音楽事務所やプロモーターの方ともざっくばらんにお話をさせていただいているんですが、その中で「5000円のチケットを3万円で買ってくれるほど熱心なファンがいる。これって嬉しいことだよね。」と仰る方もいます。そして「その人達に”転売されたチケットだから入るな”と言うのは申し訳ないと思う。再販価格が定価に限定されるという暗黙のルールも、勝手に決めていることだよね」と。3万円も出して、情熱を持ってアーティストのライブに行きたいと思っているファンが不正転売のチケットだから行けないという状況がすごく不健全で、そこに公式再販の仕組みが提供されることで安心して利用できる。そういうマーケットを作るのが、ある意味一番いいことなのかなと思うんです。

—— 転売ビジネスが「NO」という側面もありますよね。プロが入ってきて買い占められてしまう現状と言いますか。

原田:アーティスト側はチケットの定価販売でしか利益を上げられないのに、ライブに情熱も想いも全くないプロの集団が膨大な利益を上げているとしたら、当然感情的になると思います。うちの機能が完璧だとは思いませんし、これから我々の思いつきもしなかった手法が出てくるのかもしれないですが、そういったパターンを早く見つけ出しては潰していくという勝負が始まると思っています。

—— ピーティックスにとっても今からがスタートというか、不正転売に対処するためのノウハウを積み重ねていくわけですね。

原田:そうですね。これは皆さん同じことをおっしゃると思いますが、チケットが紙ではなくて電子化されることは大前提です。とにかく紙だと問題が起きるので、そこを電子チケットという形態に変えていけば、頑丈なシステムが数年以内に出来るんじゃないかと思います。