SPECIAL REPORT & INTERVIEW

過去最大規模の650社が出展
「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は

リードエグジビションジャパン株式会社 取締役 統括事務局長 岡部 憲士 同 事務局次長 近藤 純一 同 課長/講演責任者 小林 愛実
左から:小林さん、岡部さん、近藤さん
ライブ・エンターテイメントEXPO事務局 イベント総合EXPO 事務局
リードエグジビションジャパン株式会社
取締役 統括事務局長 岡部 憲士
同 事務局次長 近藤 純一
同 課長/講演責任者 小林 愛実

 イベントに関する演出機材やグッズ、各種サービスが一堂に集まる日本最大級の見本市「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」および「第4回 イベント総合 EXPO」が、5月31日から3日間にわたり幕張メッセで同時開催される。ライブ・エンターテイメント市場の急拡大を背景に、同見本市の需要も年々高まっており、第4回となる今年は、初回の開催から約4倍となる650社が出展、30,000人の来場者を見込んでいる。

新たなゾーンやフェア、業界のトップランナーが登壇するセミナーなど、全てが過去最大規模となる今年の見本市の見所について伺った。
2017年5月8日掲載

今年は「ライブ・エンターテイメント EXPO」と「イベント総合 EXPO」が同時開催

—— 今年で4回目となりますが、改めて「ライブ・エンターテイメントEXPO」「イベント総合 EXPO」開催の背景をうかがえますでしょうか?

岡部:コンサートやイベントの開催数が増えるに従って、そこで使われる機材やサービスが多様化してきている中、それを一堂に集めた展示会が日本にないので「作って欲しい」という声が非常にあり、4年前に第1回目を開催させていただきました。今まで日本になかった展示会でしたので、1回目から200社を越える企業に出展していただきました。2年目から会場を幕張メッセに移して規模を拡大して開催しているんですが、今回一気に650社になるということで、イベント主催者やイベント主催者に売り込みたい方にとって欠かせない場になってきているように思います。


▲第3回 ライブ&イベント産業展 会場風景

—— 第1回目から約3倍の出展と急拡大していますね。

岡部:そうですね。本当に新しい機材、サービス、演出がどんどん出てきていますし、海外からの出展がありますので、お越しいただいている方からも「毎回楽しみにしている」「ここに来れば最先端が見られる」と注目して頂いております。音楽産業の方々にとっても欠かせない場になっていますし、アーティストの方にもお越しいただいています。

—— 演出のアイデアが湧くような刺激がある場所になっているんですね。

岡部:最近はアーティスト自身がこだわって、自分でステージを演出していることも多いようですので、アーティストの方の来場者も年々増えています。用意された物の中から選ぶのではなく、自分で新しい物を探せるので非常に面白いと思います。

—— 4回目を迎えるにあたってイベントの名称が「ライブ・エンターテイメント EXPO」と「イベント総合 EXPO」に変更されましたが、どのような意図があるのでしょうか?

岡部:昨年までは「ライブ&イベント産業展」という名称でして、これはこれで順調に伸びていたんですが、一方で音楽ライブの印象が強く、音楽ライブ以外のエンターテイメント業界全体の方々に対してやや趣旨が伝わりづらかったんですね。ここには演劇やミュージカル、各種ショー、フェスなども含まれるのですが、「自分が行くべき展示会だ」とイメージしていただけない。それならばもっと分かりやすくしようということで「ライブ・エンターテイメント EXPO」という名称にして、「イベント総合 EXPO」と同時開催することにしました。明確化して分かりやすくなったことで出展社も増えましたので、また一回り規模が大きくなると思います。