Qsicman追跡レポート 第4回 着信音楽制作 編

追跡第4回3

-最初から最後まで個人作業が多いんですか?

佐藤:そんなことはないです。たとえば、携帯の機種によって鳴り方が違うっていうのがあって、元は一つの曲なんですけど、セットアップを変えたりするときだったり、そんなときには、音色の相談をしたりしますよ。それでどういう感じに持っていこうか一緒に考えてみたり・・・。


-この仕事で「これがイヤだ!」って事ってあります?

佐藤:同じところを何回も聞いたりするんで、帰ってからもそのフレーズがずっと頭に残ってたりとか・・・(笑)そんなことですかね。たくさんの人が同じ部屋で着メロを作ってたりするんで、最初は自分の音がどれかわかんなくなるときはありましたけど、今はもう慣れたというか。


-やっぱり自分で作った着メロを自分の携帯で鳴らしたりするんですよね?やりがいが感じるのはどういう時ですか?

佐藤:僕の携帯は古めの機種なんで、自分で作ったやつは入れてないんですけど。たとえばダウンロードのページで自分が作ったやつを見たり、ランキングに入っていたりするのを見ると、やっぱり達成感はありますね。


-ダウンロードする目的も多目的になってきたというか、着信音以外の目的でも利用されるようになってきてますよね。ヨーロッパなんかの海外じゃかなり着メロが流行ってるっていうニュースとか聞くと、世界的に盛り上がってる市場なんだなぁと思ったりするんですが、実際作り手側としてどう思います?

佐藤:ダウンロードしてくれる人の数が増えるって言うのは、やりがいがあるかなぁと思います。やっぱり今まわりの人を見ても携帯電話を持ってない人はごく希ってことを考えると、やりがいがあるなぁと思いますよね。カラオケ・バージョンがあったり、メドレーバージョンだったり、そういうので歌ったりできるっていうのは新しいというか、おもしろいかなと思いますね。今後は着メロ以外の仕事とかもやってみたいですね。楽曲制作とかできればいいかなぁと思いますね。アーティストの曲を作れれば一番いいんですけど。


-休みの日も音楽やってたりするんですか?

佐藤:バンドの練習をやったりとかしてます。UKロックのコピーバンドをやってるんですけど。月二回ペースでやってます。あと、バンドとは別で、歌ものを録音したりしていて楽曲とアレンジとベースを担当していたりします。それ以外は買い物行ったりとか・・・やっぱりCDだったりなんですけど(笑)


-着メロ制作がしたい人にアドバイスがあればお願いします。

佐藤:自分でこういう仕事がやりたいっていうのもあると思うんですけど、それに関連したこともまた勉強したりして、常に自分のやりたいことを追求していくっていう。一つの興味があって、その一つの興味を調べていくうちに10の新しいことを覚えていくことにもなると思うので、そういう追求心とかを持っていくっていうのが大事なことなんじゃないかなと思います。

-----------------------------------------------------
(有)ネプチューン
(代)高橋 真人
〒154-0004
世田谷区太子堂2-7-2 リングリングビルA-4F
Phone 03-5481-4621
Fax 03-35481-4622

携帯電話の着信音楽制作をはじめとする、あらゆる分野の音楽制作を行っている音楽制作会社である。事業内容は、CM音楽制作、マルチメディアCD-ROM、テレビ・ラジオBGMの企画・制作、コンピュータ販促用デモBGMの企画・制作、通信カラオケ楽曲の制作・作成、ゲーム音楽の企画・制作からイベント企画事業、またレーベル事業と多岐に渡る。ホームページ内の「サウンドルーム」では、(代)高橋氏によって制作された楽曲サンプルを試聴することができる。

ホームページ: http://www.neptune.co.jp/  

編集後記:
着メロ制作の現場へと一歩足を踏み入れたところ、広いフロアに20台を軽く越えるパソコンの数と辺りから鳴り響く着メロの数々。まさに音の洪水といった現場で、「自分の作ったものが巷で聞こえてきた瞬間はやりがいを感じますね」そう嬉しそうにお話ししてくれた佐藤さん。いかに原曲のイメージに近い音色やバランスにできるか、さらにクライアントの要望にも応えつつ容量や音数の問題など、1曲数十秒の着メロができあがるまでの影なる苦労を知った気がしました。Musicman編集部一同、今後のさらなるご活躍を応援させていただきます!お忙しい中、ありがとうございました。

★お知らせ★
Musicman編集部では、Qsicmanを通じて転職・就職した方のその後を追跡しております。我こそは!とお思いの方、自薦・他薦は問いませんので、Musicman編集部までぜひご一報ください。 また、ご意見・ご感想やこのコーナーで取り上げて欲しい職種、取材希望などありましたらこちらまで→Musicman編集部:support2@musicman-net.com


「未来は音楽が連れてくる」電子書籍 第2巻
特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第62回 日本は「次の大物」を創りうるのか〜スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの(14) <11/30 更新!>

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像