香取慎吾、ママから18年“慎吾母”が登場するファミマ「お母さん食堂」CMビジュアル公開

2018年9月18日 11:39
「お母さん食堂」慎吾母


香取慎吾が、ファミリーマートが展開するお惣菜シリーズ「お母さん食堂」のイメージキャラクターに起用され、メインビジュアルが公開された。

解禁されたビジュアルには、香取慎吾が扮する“お母さん食堂”の店主が描かれている。着物に割烹着という、情緒的で懐かしい雰囲気を感じさせる香取。「お帰りなさい」と言わんばかりに暖簾に手をかけ微笑むその姿は、正に“慎吾母”と呼ぶに相応しい。香取と言えば、日本中に一大ブームを巻き起こした“あのママ”を思い起こすが、18年の時を経て、ママは更に大人っぽく、そして魅力的に進化。どこか懐かしく、温かみのある「お母さん食堂」の優しいおかみさんとして帰ってきた。

香取は「ママから18年たっていたことに、本当にビックリしますね。あの時生まれた子供がもう18歳。小学校でみんなで踊ってくれていた子供たちはもう20代以上なんですね。」と昔を懐かしみながらも、「だからこの“お母さん食堂”の慎吾母を見て、ハッと思うところがあると思うんです。きっとこのビジュアルが各店舗に飾られた時、1人でちょっと会社のお昼にファミリーマートに寄って“お母さん食堂”のコーナーの前に立った時に、『あっ!ママ!?』って心の中でクスッと笑って懐かしんでくれる人がいっぱいいるだろうなって。そういう方々に『お仕事頑張ってね。』、『時間のない中でも美味しいもの食べないと頑張れないよ。』というメッセージを伝えたいんです。」と語り、“慎吾母”に込めた熱い想いを明かした。

更に香取は「次はこの“慎吾母”でCMに出たいです!やはり撮影の為にこの衣装を着ると、気持ちが入ってしまうんですよね。“お母さん食堂”のCMでは慎吾君はもりもり食べて頑張ってるけど、私はお母さんとして各店舗に必ずいますからね!と、思わず対抗意識を燃やしてしまいますね(笑)」と、“慎吾母”のCM化を熱望。

この“慎吾母”を生み出したのは、数々の企業CMを世に送り出し、ヒットソングの作詞などマルチに活躍する、クリエイティブディレクターの権八成裕。権八は「お母さん食堂のCMでは香取さん扮する主人公がおいしそうにお惣菜を食べますが、ビジュアルでは食べるという行為ができないので、香取さんに“お母さん食堂のシンボル”という意味合いで優しいおかみさんになってもらいました。以前の“ママ”はどちらかというと、元気でポップなイメージですが、慎吾母は近所の人間味溢れるおせっかいなお母さんというか、懐かしい味を思い出させてくれる食堂のおかみさんのイメージです。18年経って大人になって帰ってきたという裏コンセプトがあります。」と慎吾母誕生の秘話を明かした。