GANG PARADE 東阪野音ツアー開幕、大阪城野外音楽堂の9人体制ラスト公演が大盛況で幕を閉じる

2019年5月20日 13:35
GANG PARADE〈CHALLENGE the LIMIT TOUR〉大阪城野外音楽堂

「みんなの遊び場」をコンセプトに活動する9人組アイドルグループGANG PARADE(通称:ギャンパレ)が、5月19日、グループ最大規模となる東阪・野音ワンマン・ツアー〈CHALLENGE the LIMIT TOUR〉の大阪公演を、大阪城野外音楽堂にて開催した。

このステージをもって現9人体制でのライブは最後となり、翌週に行われる日比谷野外音楽堂ワンマンからは、新メンバーのナルハワールドを迎え10人体制でのスタートを切る。

また、大阪城野外音楽堂は、2018年3月に所属事務所WACKによるフリーイベント〈WACK EXHiBiTiON〉が開催され、同ステージにてメンバーの月ノウサギとハルナ・バッ・チーンのGANG PARADE加入が発表された場所でもある。

そんな特別な大阪公演を見届けようと、各地から2500人もの遊び人(=GANG PARADEファンの総称)が会場に駆けつけた。

定刻の17:30になり、SEに乗ってステージに登場した9人は「私たちエンジョイプレイ、みんなの遊び場、GANG PARADEです」というお馴染みの挨拶をし、メジャーデビューシングル「ブランニューパレード」でライブをスタートさせた。

「令和元年、5月19日、ここにGANG PARADE〈CHALLENGE the LIMIT TOUR〉開幕することを宣言します! 遊び人のみなさん、準備はいいですか?ほな、元気にいくでーーー!!!」とハルナ・バッ・チーンが叫ぶと、POP時代から歌い継がれるキャッチーな楽曲「Happy Lucky Kirakira Lucky」へ。

カミヤサキがBiSへレンタルトレードしていた時期にリリースされグループの歴史を感じさせる「Beyond the Mountain」など、新旧楽曲を織り交ぜてライブを行なっていった。

月ノウサギがMCで「この大阪城野外音楽堂という場所は私とハルナの加入が決まった場所で、この9人が初めて出会ったはじまりの場所です。約1年前のあの日の、この場所での記憶は、私の頭からこびりついて離れない忘れられない大切な宝物で、そんな大切な場所にこうして少しでも大きくなって帰ってくることができて、本当に嬉しいです」と感謝を述べ、「私たちGANG PARADEはもしかしたらアイドルらしくないアイドルかもしれません。だけど、それでも私たちはアイドルです。そんな私たちの歌がみなさんの心に届きますように」と語り「WE ARE the IDOL」へ。

シングル楽曲「BREAKING THE ROAD」、「FOUL」など、最初から最後まで全力でパフォーマンスするメンバーの姿に会場は大きな声援が湧き上がった。

夕日が落ちかけ照明が会場により映えてきた後半、カミヤサキがMCで「私たちの道は遠回りだったかもしれません。でも私たちの道に無駄なことは何ひとつありませんでした。この9人での体制も今日で最後になりますが、このメンバーで作ってきた、約1年間、そしてこれまでの様々な時代があったからこそ、今日、この瞬間が素晴らしい景色に見えるのだと思っています。数日後には新体制、ナルハワールドを迎えての10人体制になりますが、GANG PARADEの音楽で1人でも多くの人の心を動かしたい、やるべきことは変わらずに、より大きな嵐を巻き起こして進んでいきます。そして、これから先にもっと広がっていく景色をお見せすることを約束します!」と語り、インディーズ時代最後のアルバム「LAST GANG PARADE」収録の「LAST」へ。

最後は、プラニメ時代からPOP、そしてGANG PARADEへと何度も歌い継がれてきた代表曲「Plastic 2 Mercy」を披露。遊び人たちが肩を組み飛び跳ねるなど、この日1番の盛り上がりを見せて本編は幕を閉じた。
 

GANG PARADE〈CHALLENGE the LIMIT TOUR〉大阪城野外音楽堂


鳴り止まない「まだ足りない」アンコールに応えて、再びステージに登場した9人のメンバーたち。

アンコールでは大阪出身のテラシマユウカがMCで想いを語った。「私はGANG PARADEに加入することになってから2年半が経ちました。オーディションを受けるまでは、ただただ普通に大阪で暮らしていて、勉強したふりをしながら時間が経つのを待っていたり、学校に行かなかったり、ただずっと家にいたり、そんな生活をしていました。そんな、ちょっと不真面目な生活をしていて、特別なことは何もなかったんですけど、そんな当たり前で私にとっていつもの日常があったのがこの街です。私たちは今日という日をひとつの通過点として、大阪で叶えたいさらに大きな夢を叶えにまた帰ってきます。また大阪で会いましょう。令和元年5月19日、ここが世界で1番幸せな場所です」と「CAN'T STOP」を披露。

最後は、月ノウサギが「9人の終わりの歌は、9人の始まりの歌です。ありがとう。BODY & 9 SOUL」と力強く語り、9人体制で初めてリリースしたシングル楽曲「GANG 2」を披露、初の大阪城野外音楽堂でのワンマンは幕を閉じた。

約1年をかけて作り上げた9人体制最後のライブを全力で駆け抜けたGANG PARADE。1週間後の5月26日には〈CHALLENGE the LIMIT TOUR〉の東京公演を、日比谷野外音楽堂にて行い10人体制のスタートを切る。

グループ史上最大人数となる10人での初ステージにも期待が高まる。

text by Nishizawa Hiroo(SW)
撮影:外林健太