SKIYAKIとTDSEがファンマーケティングサービス「bitfan analysis」を共同開発開始

2019年3月18日 12:48
SKIYAKIとTDSEがファンマーケティングサービス「bitfan analysis」を共同開発開始


SKIYAKIは、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(以下「TDSE」)と同社の人工知能エンジン「scorobo®」を使用したエンタテインメント業界初のファンマーケティングサービス「bitfan analysis」の共同開発を開始した。

「bitfan analysis」は、SKIYAKIのアーティストやクリエイターへのファンの熱量の可視化を実現したサービス「bitfan」において集積されたファンの行動履歴のデータに対し、TDSEの高度なデータ分析技術と同社が独自に開発した人工知能エンジン「scorobo®」による高度な分析を行うことで、ファンに対する効果的なデータマーケティングが可能になる新しいサービス。

オーナー(ファンクラブサービス等の提供者)は、「bitfan analysis」により、会員数・売上・ファンの拡散力・SNSでのエンゲージメントなどのデータを総合的に収集して可視化することで、入会促進、売上増加、退会抑止など目的別に最も効果的な施策を打つデータドリブンマーケティングが可能となる。

またオーナーは、分析されたデータに基づきファンの需要を正確に把握し、それに応える最適なコンテンツを提供することでよりファンからの支持を強固にしていく、ロイヤルカスタマー戦略を取ることも可能になる。